読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録

てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録

てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録

作家
土方正志
奥野 安彦
出版社
偕成社
発売日
2004-12-01
ISBN
9784030163904
amazonで購入する

てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベル@bell-zou

「死ぬまでりっぱにいきたるわ」。がははと笑う、神戸<てつびん>のおばちゃん。逃れられない老いと病。戦うというよりそんな自分の体と折り合いをつけながら、生きることを投げ出さなかった。誰もがおばちゃんのように生きられる訳ではないが…。阪神淡路大震災の復興をおばちゃんとの交流を通じて記録した写真絵本。著者のひとり土方正志氏の著書「瓦礫から本を生む」で知った。高架橋が崩れ赤々と燃える街の映像に絶句した1995年1月17日。あれから毎年、”あの震災から〇〇年の朝です”というニュースを自分の誕生日だと意識しながら↓

2021/01/17

頼ちゃん

教科書で紹介されている本。写真の力は大きいと思った。

2017/07/29

Midori Matsuoka

阪神·淡路大震災で被災した町、神戸で小料理屋「てつびん」を営むおばちゃんの生き様を追った写真記録。 お店を震災で失うも仮設住宅の近くで再建。 震災で多くを失いながらも復興していく神戸の町と自分の生き甲斐でもある「てつびん」で働くおばちゃんの姿が力強く写し出されている。 体を壊したおばちゃんに最期まで写真を通して見つめ、寄り添ってきた作者のお二方の思いがつまっている。 私の知の大先輩は毎年1月17日にはこの本を紹介しているのだという。 私も、風化させたくない。私なりに、伝え続けて行きたい一冊だ。

2021/01/25

おはなし会 芽ぶっく 

教育出版国語 5年生 【平成27年度教科書掲載本 令和2年度教科書掲載本】

2015/06/19

感想・レビューをもっと見る