読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さよなら さんかく またきて しかく (あかちゃんのわらべうた( 5))

さよなら さんかく またきて しかく (あかちゃんのわらべうた( 5))

さよなら さんかく またきて しかく (あかちゃんのわらべうた( 5))

作家
松谷みよ子
上野紀子
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784031120500
amazonで購入する

ジャンル

さよなら さんかく またきて しかく (あかちゃんのわらべうた( 5)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

よく知られたわらべ歌だと、高を括っていたら、途中から全然違いました。松谷さんらしいストーリー性のある展開がおもしろい。「おやすみなさい」までのお話の起伏が、いい。上野紀子さんの絵が楽しいな。

2016/03/14

陽@ はや2帰還が楽しみ!

松谷みよ子さん、ご冥福をお祈り申し上げます。絵本と言えば、松谷みよ子というくらい優しくてあたたくてリズムのあるコトバのお話。子供の頃から大好きでした。プレゼントにもよく選んでいました。さよならさんかく、またきてしかく。しかくい絵本でいつでも会えるよね。いないいないばぁ。いいおかおで待ってるね。自分のおばあちゃんが亡くなったみたいな気持ちです。

2015/03/09

サルビア

お話会用に読んだ本です。元のうたを知りたいと思いました。きっとそっちの方がこどもたちも口ずさんでくれそう。

2019/03/19

riviere(りびえーる)

わらべうた「さよならさんかく」にのせた絵本。私が子ども時代に覚えた歌詞とはずいぶん違って、これはとても上品です。何しろ♪すべるはオヤジのハゲ頭♪がありません。でもこの絵本の展開もステキです。とくにラストが。わらべうたの会読み聞かせで使いました。

2015/06/09

いろ

【再読:初読は2009.11.20】息子1歳9ヶ月に祖父母からもらい気に入っていた絵本。5歳男児の口ずさむ歌をきっかけに安野光雅さん「さよならさんかく」を読んだばかりなのもあり,絵本棚整理で存在に気づいて読みたくなったらしい。安野さん版とは節が少し違うし,ほんわか赤ちゃんっぽいけど,まだまだ楽しめる^^ 小さい頃は「みんなねんね」のページで1つずつ「○○もねんね…」と読み上げながら,息子の胸をトントンすると嬉しそうにしてたな。懐かしい。読み方は変わったけど,おばけ見開きは昔同様に楽しんでいた。

2014/02/11

感想・レビューをもっと見る