読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かえるがなくから かーえろ (あかちゃんのわらべうた( 8))

かえるがなくから かーえろ (あかちゃんのわらべうた( 8))

かえるがなくから かーえろ (あかちゃんのわらべうた( 8))

作家
松谷みよ子
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784031120807
amazonで購入する

ジャンル

かえるがなくから かーえろ (あかちゃんのわらべうた( 8)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

図書館にて。わらべ歌のようにリズムに乗って読んでいたら、ラストが怖い!おたまじゃくしが食べられちゃった⁈

2018/06/02

たーちゃん

わらべうたって結構怖いものありますよね。それもその一つ。誰が食べられたのか分からないっていうのもまた怖い…。息子はまだその怖さを分かっていません。

2020/09/13

遠い日

「あかちゃんのわらべうた」シリーズ8。どこのわらべ唄とは記されていないが、「くっちまうぞう」にはぎくり。

2020/09/15

丘野詩果

季節的にちょうどいいと思い、図書館にリクエストしてみました。 ちょっと想像していたのと違う感じでした。おはなし会で使わなかったのは最後のページの「くわれたのはだれだ」のひとこと。なんだかぞっとしてしまいました。つまりはそういう歌だったのか。かえるのこどものオタマジャクシが「ことろ」(子どもを食べちゃう蛇みたいなの)にとられないように、早く帰りましょ、という感じの歌。人間の子がでてくるけれど、人間の子も、暗くなるまで遊んでいると、人さらいに連れて行かれちゃうよ、という警告の歌なのかもしれない。

2016/05/16

HappySong

3歳3ヶ月。★★★☆☆ ところどころ知ってる部分だけ歌いながら。娘はかえるを見て、好き勝手に「かえるの歌が聞こえてくるよ、クワックワッ」と歌っていた・・・。

2015/06/11

感想・レビューをもっと見る