読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

にぁーう (あかちゃんのわらべうた)

にぁーう (あかちゃんのわらべうた)

にぁーう (あかちゃんのわらべうた)

作家
松谷みよ子
長野ヒデ子
出版社
偕成社
発売日
1991-11-01
ISBN
9784031121002
amazonで購入する

ジャンル

にぁーう (あかちゃんのわらべうた) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーちゃん

汚れた猫ちゃんがおばあちゃんに拾われて綺麗になります。最後のにぁーうが猫ちゃんの幸せを表していますね。

2020/10/11

双海(ふたみ)

のらねこを拾うおばあちゃんの言葉遣いが、「あれまあ、こんなにばっちい」という感じで如何にも言いそうだなぁと。でもこのおばあちゃんは酷い人ではなかったです。

2016/02/23

><

初版1991年。心優しいおばあちゃんに拾われて、元気にすくすく育っていく猫ちゃん。おばあちゃんと共に大きくなる様子が描かれています。おばあちゃん手作りの赤い前掛け、バッチリお似合いです。

2015/03/25

けんちゃん

図書館で。最後まで読んで、ようやくタイトルの妙に気づいた次第です(^^;; おばあちゃんとミィのほっこりした生活。雨がしぽしぽ、めぐすりぽとんぽちん…言葉のひびきがとてもいいです。あかちゃんの耳に優しいお話です。

2012/11/04

ヒラP@ehon.gohon

猫の鳴き声で「にあう?、にあう?」なんておちがあると、猫ばかの極みですが、目に入れても痛くないねこちゃんなのでしょうね。 捨てねこ拾いねこであっても、きれいにしてあげて、一緒に生活してたらよーくわかるお話です。 可愛いねこの絵もお気に入りです。

2017/12/25

感想・レビューをもっと見る