読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バスにのって

バスにのって

バスにのって

作家
荒井良二
出版社
偕成社
発売日
1992-05-01
ISBN
9784032044904
amazonで購入する

バスにのって / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

シュールだ。物語もシュールなのだが、この『バスにのって』というタイトルがシュールなのだ。きっと、敢えてこのタイトルにしたんだろうな。物語は、バスにのって遠くに行こうとする旅人の姿を追っています。広い砂漠の真ん中にあるバス停で、今か今かとバスが来るのを待っています。ときどき、トントンパットン トンパットンという音が聞こえるので、バスが来たかと思うのですが、それはバス以外の乗り物だったりします。旅人である男は、バスが来なくても気長に待ちます。絵本を閉じた後、悔しいような悲しい気持ちになるのは、なぜだろうか…。

2014/03/23

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

トントンパットン トンパットン トントンパットン トンパットン……。ラジオから流れてくる初めて聴く音楽。砂漠の真ん中にポツンとあるバス停。遠くに行くためバスを待っています。いろんな方法で旅をするいろんな人たちが通り過ぎていきます。トラック、馬、自転車……バスは……来ません。ラジオを止めても耳の中で音楽が鳴り続けています。トントンパットン トンパットン トントンパットン トンパットン……。平和だ♪

2015/05/21

藤井寛子

遠くに行こうとバスを待っているけどバスが来なかったり、来てもいっぱいだったり、最終的に歩いていこうと決断する話。ストーリー的には意味が分からないんだけど、世の中うまくいかないよ、だから面白いよっていうメッセージなんだろうかと色々考えてしまう。絵本って面白い。

2016/07/30

ぶんこ

独特な味わいがありました。 オレンジと青のコントラストが、意外にもどぎつくなくて、不思議な味わいを出してます。 移動する人たちの荷物の多さにビックリ。 何処から何処へ、何の為に移動しているのか聞いてみたくなりました。

2015/03/17

えり

今まで読んだ荒井さんのイメージとはまた違った雰囲気。繰り返す「トントンパットン トンパットン」のリズムが心地良くて、流れる時間がスローに感じる。あぁ、もぅバスに乗ろうが乗らまいが、太陽が沈もうが登ろうが、せかせかしなくていいじゃない。「トントンパットン」って声に出せば、不思議とそんな気持ちになる。この響き、気に入った!!

2014/03/10

感想・レビューをもっと見る