読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あおいめのめりーちゃん おかいもの (かこさとしおはなしのほん)

あおいめのめりーちゃん おかいもの (かこさとしおはなしのほん)

あおいめのめりーちゃん おかいもの (かこさとしおはなしのほん)

作家
かこさとし
出版社
偕成社
発売日
2014-02-13
ISBN
9784032063004
amazonで購入する

ジャンル

あおいめのめりーちゃん おかいもの (かこさとしおはなしのほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

お父さんの誕生日のお買い物。ネクタイなどのお祝い、お祝いのかざり、お食事。目は、丸い切り紙を使うとのこと。絵の作り方の練習にも使えるところがすごい。目が悪くなり、作業がはかどらないとの後書きが辛い。

2014/10/24

山田太郎

読み聞かせ久しぶりにしてます。ストーリー考えるのもたいへんだなと思った。

2017/05/29

bros

はりえの絵本。おかあさんとメリーちゃん、お友だちと会いそれぞれ買い物した自宅で料理をつくり食卓を囲む。ありきたりのことなのだが、心が和む。

2017/03/23

ベーグルグル

かこさんが前作より40年経ち書かれた絵本。前作は読んでないが楽しめました。目が切り絵になっていて、80歳のかこさんには苦労だったとあとがきに色々書かれてました。しかしおん歳でここまで出来るとはさすが!でした。

2015/01/22

遠い日

めりーちゃんとおかあさんのお買い物風景。だんだんと何のためにお買い物をしているのかがわかってくる。目の色の違いをことさらに強調するでなく、お友だちも登場する。それぞれのお国柄や家庭の空気が感じられて、穏やかな作品世界。かこさんには珍しいコラージュの絵の味わいがいい。あとがきには、それについて触れられている。

2014/09/22

感想・レビューをもっと見る