読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クリスマスのまえのばん―サンタクロースがやってきた

クリスマスのまえのばん―サンタクロースがやってきた

クリスマスのまえのばん―サンタクロースがやってきた

作家
クレメント・クラーク・ムア
ターシャ・テューダー
中村妙子
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784033271408
amazonで購入する

ジャンル

クリスマスのまえのばん―サンタクロースがやってきた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

♪みどりpiyopiyo♪

クリスマスのまえのばん、子供たちが待ちくたびれて眠ってしまった家に、そりに乗って空からやってきた陽気なこびとのおじいさん。■白いお髭で小太りで。トナカイのソリで空からやってくる。陽気な小人のおじいさん。そんな現代のサンタクロース像を作った1822年のクレメント・クラーク・ムアの詩「クリスマスのまえのばん」に、TASHA TUDOR は2度 絵を描いています。■この絵本は1度目の1975年の版。おとぎ要素が際立ち、お父さんとサンタさんの様子が楽しく、親しみやすい素敵な絵本です♪(詩1822年、絵1975年)

2018/12/23

ヒラP@ehon.gohon

自分の中では、クリスマスの定番になっているムーアの詩によるクリスマス絵本です。チューダの絵本も大好きなのですが、全面的に絵を描き直した改定新版しか目にしていなかったので、ちょっと新鮮な感覚で読みました。チューダが描き直した理由が解るような気もしますが、この絵本も不思議な味わいが有ります。

2020/12/14

Ksid

クレメント・クラーク・ムーアの「The Night Before Christmas」の絵本(英語版1975年・日本語版1980年・中村妙子訳)。2000年にも同じ画家・訳者の絵本が出ており全体の作りは似ており、おそらく訳文も同じだが、絵が大きく違う。点数がはるかに多いが半分はモノクロで、絵の雰囲気もより古風な感じ。より幻想的な雰囲気の新版のほうが好きかな。

2020/09/28

ラグエル

新版もあるが、こちらがいいという結論に至った。白黒ページとカラーページが交互に繰り返されるが、そこに物足りなさはない。むしろ、新版の絵や構成に物足りなさを感じた。タイトルが、手書きだと思われる。そういう丁寧さも好きだが、新版では、味気ないただの活字になった。雰囲気が欠落した。

2011/11/16

ochatomo

【再読】 ターシャさん60歳でのクリスマス絵本 バーモント州移住後初めての絵本でもある 44枚の絵は具体的で子ども向けの感じ

2019/12/16

感想・レビューをもっと見る