読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本)

くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本)

くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本)

作家
エリック・カール
もり ひさし
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784033282701
amazonで購入する

ジャンル

くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

蜘蛛とその糸と作者の署名と、なぜか毎㌻出てきて最後には……な蝿がemboss=浮き出し加工になっている絵本。クモが気持ち悪くて大っ嫌いな僕でも、Eric Carle氏の画風ならこれが可愛く見えてきちゃう不思議(笑) 今回はYouTubeでアニメ版ば視聴。英語多読703冊目。261語 ⇒ 累計145万7696語

2020/04/27

くぅ

加工されていて、くもさんとくもさんのお尻から出る糸がボコボコしている絵本。読みながら親子で触って楽しめました。普通に絵本を読み聞かせるのも楽しいけれど、今はなんでも触って確かめる時期だから、絵本のこういう工夫もありがたいなぁと思います。(8か月)

2018/01/30

seraphim

農場の柵に巣を作り始めたくも。馬や牛、羊やヤギなど、農場の動物たちが誘っても、くもは返事をしない。巣を作るのが忙しかったから…。くもの巣がだんだんできあがっていくのが、楽しい。くもの糸は盛り上がっていて、触っても楽しめるようになっている。動物たちのすぐ側にはハエがいるが、そのハエの動きがポイント。自然の摂理を知ることができる。1日でこんな立派な巣を作るくもはすごい。くもの巣がどんな風に作られていくのかがわかるので、科学絵本の要素もあるかも。面白かった。

2016/02/01

たーちゃん

息子が図書館で選んできた一冊。エリック・カールにかかると、クモの巣さえも美しく見えます。しかもそのクモとクモの巣が少し浮き出ていて、触っても楽しめます。息子も手で触って嬉しそうな顔をしていました。

2020/01/09

aiaimo`olelo@しばらくゆるりと

風にのって飛んできた蜘蛛さん、いっしょうけんめいに巣を作っています。蜘蛛さんと蜘蛛の糸がぷっくりとエンボス加工されていて、視覚と触覚を楽しみながら読みました。 いろんな動物がやって来ては「くもさん、一緒に草をたべよう」「一緒に猫をおいかけよう」「一緒に岩から飛びおりよう」などとお誘いするので、動物ごとの特徴も感じられて楽しい絵本。 お尻から糸が出る仕組みに興味を持っていた息子、「僕も糸が出たらどうしようか?」と気にかけていた(笑) 6歳

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る