読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヘリコプターたち

ヘリコプターたち

ヘリコプターたち

作家
五味太郎
出版社
偕成社
発売日
1997-04-01
ISBN
9784033307404
amazonで購入する

ヘリコプターたち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

遠い方で。次回ライブに飛行機に関する絵本を読みたくて探していた。これは、大人向け絵本? 黒を基調にしたシンプルな色使い。そして、ヘリコプターは、”たち”とあるように、単なる機械ではなく、生き物のように描かれている。不思議で、ところどころ怖い感じもする。五味さん、ホントにいろんな絵本をつくっているなあ。

2014/07/29

黒木 素弓

荒廃した世界で飛び続ける2台のヘリコプター。2台は楽しい時も苦しい時も励まし合いながら旅を続け、そしてなんと、小さな赤ちゃんヘリコプターをたくさん産んじゃいます!不思議な五味太郎さんワールドでした。

2018/02/25

いっちゃん

いつもと雰囲気が違うし、珍しく訴えかけてくる。何この哀愁…

2015/09/29

遠い日

黒が勝ったイラストに乱される心。不穏、不安、疑念、そんなものにうっそりとのしかかられながら、まるで詩のような暗喩のような「ことば」を追う。しかし、ここにあるのは確とした愛。時には戦うことも辞さない強い心で結ばれたものたち。愛は受け継がれたのだ。

2015/09/07

ごまらーゆ

五味さんを薦めて下さる方に触発されて手にとった。ヘリコプターが一機(?)の仲間と会い、世界を巡る。様々な光景を目にしながら落ち着いた先でなんとヘリコプターは小さいヘリコプターをたくさん生み出す、白黒の影絵のような背景に緑とピンクのヘリコプターだけが浮かび上がるのは印象的。あるものをそのまま表現する作者だと思っていたので、こんな風に考えさせられる作品は新鮮だった。ヘリコプターは人間なのかな?どうしてヘリコプターを選んだのかなぁ。

2014/07/13

感想・レビューをもっと見る