読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

よるくま

よるくま

よるくま

作家
酒井駒子
出版社
偕成社
発売日
1999-11-01
ISBN
9784033312309
amazonで購入する

ジャンル

よるくま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダリヤ

よるくま、なんてかわいいの。なんだかよむのがもったいなくて、てもとにあるのにかざってながめていたけれど、やっとページをめくることができました。よるくまのなきがおがこちらまでぎゅってしたくなるほどかわいらしいのです。よぞらのかわでさかなつり、おかあさんくまとならんでしたくなりました。ページをとじたら、なんだかわたしまでねむたくなりました。

2015/01/14

❁かな❁

酒井駒子さんの絵本。前から気になっていたので読んでみました☆表紙も可愛いですが絵本の中の、よるくまの登場シーンめちゃくちゃ可愛いです〜♡男の子も可愛いのに、その小さな男の子から見ても、よるくまは小さくてとても可愛いんです(´▽`*)『だいてみたらかわいかった』って言葉に私も、よるくまちゃん抱いてみたような気分になり本当に可愛い〜って思いました♪お母さんがいなくなったと泣いてるよるくまと一緒に探してあげる男の子。お兄ちゃんって感じで頼もしくて優しいです!よるくまのお母さんもあたたかくて素敵☆可愛い絵本です♪

2014/07/18

Kawai Hideki

先日読んだ絵本作家の本で取り上げられていた作者の絵本が気になって借りてみた。よるくまは、夜遊びにくるかわいいくまちゃん。が、何やら事情があるようで、主人公の男の子は一緒に探し物を手伝うことに。その話を寝る前にお母さんに話しているうちに男の子は無邪気に眠りにつくのだが、その時のお母さんの言外にあふれる気持ちが、男の子のふとんにそっと添えられた「手」と、「お や す み」というごくありふれた台詞だけでさりげなく表現されている。「親思う心にまさる親心」がビリビリ伝わってくる、いじらしくも切ないお話。

2014/07/26

♪みどりpiyopiyo♪

「ママあのね…きのうのよるね」昨日の夜、ぼくのところにやってきたくまの子「よるくま」とぼくの一夜のお話。2人の冒険がかわいいの♡ ■夜の色が深くて素敵。2人の様子や おうちや光が淡い色彩で優しく描かれます。ぼくとよるくまが見せるちょっとした表情やしぐさが 何とも言えず愛くるしくて、2人のおかあさんの言葉も暖かくて和みます。■酒井駒子さんは、絵も素敵だけど お話が優しくて柔らかで、酒井さんが文と絵を一緒に手がけたご本が 断然素敵です♪ ■「だから きょうは 、もう おやすみ」

2016/09/16

Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】

夜中に〈ぼく〉の部屋のドアをノックして入ってきたのは夜のように真っ黒な子熊〈よるくま〉。お母さんを探して夜の町を歩いているうちに、ここにたどり着いたようです。〈ぼく〉も一緒に外に出て、いろんなところを探したけれど、お母さんは見つからない。さみしいのと悲しいのをずっと我慢していた〈よるくま〉はとうとう耐えられなくなって……。酒井駒子さんが描く子熊の愛らしいこと♪ 特に抱っこされる時のすべてを委ねるような可愛さは、これまで絵本でみた熊の中でも一番かも。テディベアを愛する人にはお薦め。

2014/12/15

感想・レビューをもっと見る