読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

作家
石井睦美
黒井健
出版社
偕成社
発売日
2009-07-01
ISBN
9784033453200
amazonで購入する

すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chiaki

どうしてもわが家の長女を想いながら読んでしまうので、いちいちわかりみが深い!前作から比べると、かりんちゃんもすっかりおしゃべりをするようになっているので、すみれちゃんの痛いところを平気で突いてくるのも可笑しい。今回は家出もしちゃうすみれちゃん。学業にお姉さん業に、両立はなかなか“ひげきてき”で“こどく”を感じるときもある。いろいろ悩みは尽きないけど、「やっぱりあたしはいまがすき。」、そう思えるすみれちゃんがとても素敵だなぁと思いました。

2021/02/14

メープル

2作目までは、娘が1年生の時に読み、間があいてちょうどすみれちゃんも、娘も2年生。すみれちゃんの気持ちもママの気持ちもよーくわかる。すみれちゃん、アイスを食べながらテーブルに足をのせるのは、ちょっと悪いことってわかっていながらやっちゃうよね。2年生。いろんな気持ちがあるよねー。家出しちゃうすみれちゃん、すごいわ。

2021/10/26

のぶのぶ

2年生になるとあどけなさが抜けてきてすみれちゃんの成長ぶりが感じられる。すみれちゃんの特徴、歌が自然と出てくるのも少なくなり、心の中で歌うことに。友達に悩みを打ち明けたり、家出したり、、教科書のお話がターニングポイントだろう。名言も多く「順番を決めないと、うちのクラスが一番になる。」「逃げていっちゃうのは、遊ぶ時間。」、夏休みyの良さ、それだけは子供がうらやましい。「やっぱり私は今が好き、昔は昔でよかったけれど、今の今には敵わない。」我が子の成長を思い出しながら、読了。すみれちゃん、次は3年生。

2015/12/13

ひじり☆

今思うけど、子どもだけで留守番させるには小さくないかい⁉しかも置き去り!?そちらの方が心配だった(>_<)流れるプール、もう安全上問題があって出来なくなってしまったよね…。子ども喜ぶのにね…(^_^;)〈目次〉 すみれちゃんのあついなつ 七夕祭り もうじき夏休み すみれちゃんの夏休み すみれちゃん家出をする すみれちゃん家出中そして…

2017/12/13

玲と建

【小2娘】わたしはいえでなんてしないほうがいいとおもう。【母】シリーズ3作目、すみれちゃん2年生の夏。ちょうど同じ年齢の娘のために図書館で借りてきた。妹の世話を押しつけられ家出するすみれちゃん。お母さん、小2と園児を置いて留守にするなよ・・。作家志望のすみれちゃんが気に入ったフレーズをノートに書き留めておくなんてすごい。将来楽しみだ。

2011/07/17

感想・レビューをもっと見る