読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プレッツェルのはじまり

プレッツェルのはじまり

プレッツェルのはじまり

作家
エリック・カール
アーサー・ビナード
出版社
偕成社
発売日
2013-02-05
ISBN
9784033482606
amazonで購入する

ジャンル

プレッツェルのはじまり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

むかしむかし、いえのやねが みんな とんがっている まちが ありました。■エリック・カールさんの昔話絵本です。「お屋根がとんがっている街」って紹介が素敵♪ 切り絵の街も 窯も お日さまも パンも素朴に輝いて素敵♡ ■そっか、プレッツェルが出来た頃には、パイもクッキーもロールパンも もうあったのね! …って思ったら、あとがきに「昔話を ぼくがちょっとアレンジ」したと 笑。■コック姿のカールさんにも会えて、嬉し楽しいおとぎ話でした ( ' ᵕ ' ) (1972年。アーサー・ビナード訳、2013年)

2017/06/12

リコリス

こうばしくもほんのりあまーい温かな香りに包まれて鼻腔をくすぐられながら読んでしまった(笑)エリックカールがおばあちゃんから聞いた昔話をアレンジしたこのお話は登場人物の名前もパン職人のおじさんやおばあちゃんというから思い入れも深いのかも。色とりどりのページから楽しさと美味しさが伝わってくる。こんがり焼けたプレッツェル今すぐ食べたーい♬

2017/10/07

ゆうゆうpanda

絵がすてきー!と思ってぽいっと借りました。『はらぺこあおむし』のエリック・カール作でした。物語の舞台になる高い塀に囲まれた街、これが飛びきりカラフルなモン・サン=ミシェルみたいで飾っておきたくなります。さて、主人公のパン屋のウォルター。腕のいい職人ながら、こぼした牛乳の代わりに水を入れちゃうなど、ちょっとルーズでピンチに…解決したのだって偶然です。天井にペタッとしたのを王様に食べさせちゃうんだから。でも憎めない。プレッツェルの不思議な形。カール氏のイラストも実はこんな偶然から生まれた「素敵」だったりして。

2015/11/13

けんちゃん

図書館で。プレッツェルのハートをもじったような不思議な形は、3つの朝日を見る為の形。パン屋のウォルターの失敗、汚名返上に課せられた難題。偶然が偶然を呼ぶお話。巻末にはプレッツェルの語源に関する解説も載っていてなるほど、と納得。おばあさまから聞いたたくさんのお話のひとつ…とエリック=カールさん。子ども時代に情緒豊かに育まれたんだなぁ…とあらためて思いました。

2013/05/16

杏子

なるほど、プレッツェルとはお日さまの形なんだ〜!と思ったら、解説ではちょっと違ってた。まぁ、エリック・カールのお祖母さんから聞いた話ってことでご愛敬。カラフルな目に飛び込んでくるような絵柄は変わらず。読み聞かせにもよいかも…と思ったけど、ちょっと長いかな?訳者はアーサー・ビナード。「あさひが三つさしてくるパン」て表現、面白いね。ちょっぴり塩味が効いたもちもちカリカリのプレッツェルが食べたくなるねぇ!

2013/04/17

感想・レビューをもっと見る