読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エリック・カールのイソップものがたり

エリック・カールのイソップものがたり

エリック・カールのイソップものがたり

作家
エリック・カール
木坂涼
出版社
偕成社
発売日
2017-04-20
ISBN
9784033483603
amazonで購入する

ジャンル

エリック・カールのイソップものがたり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いっちゃん

エリックカールのってだけで、もう読みたい。どのページも素敵で、壁に掛けていたいくらい好き。

2018/02/25

ヒラP@ehon.gohon

大好きなエリック・カールさんと、なじみの深いイソップ物語が、11話も詰められた一冊なのですが、お話を楽しめても、一つの話に絵が1枚では、絵本としての楽しみが失せてしまったように思います。 エリック・カールさんの絵本は、独特の絵で展開が鮮やかに印象付けられるところが良いので、お話の断片では、せっかくの絵が世界を広げてくれません。 とはいっても、お話のアレンジも、教訓が加えられて、訓話としての楽しみは捨てがたいので、一人読みに適した本としてはお薦めです。

2017/07/03

遠い日

イソップ物語の厳しさを強調するためか、カールさんにしてはいつもより目つきの鋭い者たちが登場する。11話のチョイス。お話はごく短く端折られていて、最後に要点のようなエッセンスを一文添えている。大人には言わずもがなだが、子どもたちには心に刻まれるケースもあるかもしれませんね。

2017/06/10

kaz

京都でエリック・カール展やってるらしい。見に行かなくちゃ!

2017/07/21

しろくま

エリック・カールの描いたイソップ物語が11話収められています。どれも教訓的なものばかり。動物たちの表情がなんとも言えません。独特です(^o^)

2018/02/27

感想・レビューをもっと見る