読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おさる日記

おさる日記

おさる日記

作家
和田誠
村上康成
出版社
偕成社
発売日
1994-12-01
ISBN
9784034351109
amazonで購入する

おさる日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

る*る*る

3-1.3-2読み聞かせ。私自身も大好きな本♡来年の干支「さる」なので、こちら図書室オススメ本の一冊。そろそろ長めの話も聞けるようになったので紹介。淡々と続く、僕の家で飼うことになった僕が書く、おさるの日記。ラスト2ページから、、えーーっ?! という声が漏れる。殆どの子供たち、意味がわかったよう。「借りた本は最後まで読んでね。最後に驚き!というこんなお話もあるから♪」

2015/12/03

aquamarine

奇妙な味の国内作品(絵本です)ということで、読み友さんたちが話題にしていたのでとても興味をそそられて図書館でお借りしてみました。パーサーのおとうさんがおみやげにくれたちいさいおさる。そのおさるとの日々が日記で綴られます。村上さんのイラストがぴったりです。どことなくすわりの悪さを感じながらもするすると読み続けたラストの一文は…!感じていた違和感はなるほどこのためか、とじわじわと読後効いてきました。

2014/04/16

花ママ

しんちゃんのお父さんは船乗り。「おさる」をおみやげに、久しぶりに帰ってきた。もんきちと名前をつけ、その成長していく姿を、しんちゃんは日記に記していく。どんどん賢くなっていくもんきち。そして、お話の最後 に・・ビックリが待っている。和田さんらしいシュールなユーモアと村上さんの何ともかわいらしい絵に、いつもほっこりする。中学生への読み聞かせでも、えらく盛り上がった。和田さんの新刊が、もう読めないと思うと、本当に寂しいです。

2019/11/14

はっち

読売新聞の編集手帳で和田誠さんの一周忌に触れ紹介されてて気になりました ある日船乗りのお父さんがお土産に連れて帰ったのは小さなおさるさん 最後のオチにドキドキしながら最後は笑っちゃいました えーそういう事⁉️と思って良いのかな?子どもが小さい頃に読んであげてたらどんな反応をしたんやろう?って思ったら頬が緩みました 

2020/10/14

こふみ

本当に子どもが書いたような言い回しの日記で語られる もんきちとの生活。もんきちとのほのぼのとした毎日が、だんだん・・・最後のオチは、ぼくのキョトンとした表情が可愛いだけに ちょっと(?)怖い。

2018/12/11

感想・レビューをもっと見る