読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

てんぐちゃん (日本の絵本)

てんぐちゃん (日本の絵本)

てんぐちゃん (日本の絵本)

作家
今江祥智
宇野亜喜良
出版社
偕成社
発売日
2003-01-01
ISBN
9784034351307
amazonで購入する

ジャンル

てんぐちゃん (日本の絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リッツ

表紙はこれではないのだけど…学生の頃買った本、あの頃はただホンワカいいなと思っただけじゃなかったかな?寝酒代わりに軽い気持ちで読みだしたら身体いっぱい思いが溢れ後書き読んだら何故泣きたくなるのか分かった。私もてんぐちゃんになりたかった、せめてこれから少しずつでも誰かのてんぐちゃんになれたら、と思った。この二人の絵本は昔から好きだったけど私のベストです。

2015/02/18

sinsya

宇野亜喜良の絵には、少女の幻想がよく似合う。一人暮らしの老女の元にやって来た不思議な生き物。彼の見せる夢の中で、老女は時間も空間も越えて姿を変える。

2016/04/07

遠い日

初出は1972年。宇野亜喜良さんの絵にすればずいぶんと明るい印象の本作品だが、物語の内容にぴったり。幸福感に溢れるおばあさんの日々。夢のように夢の中で生きるおばあさん。いつもおばあさんのそばにいるてんぐちゃんは、おばあさんに楽しい夢を見させてくれる不思議な存在。若き日の思い出で幸せを感じられるとしたら、それは本当に幸せな人生を生きたことになるだろう。

2015/06/23

acalist

文:今江祥智さん、絵:宇野亜喜良さんの作品。絵が美しかったです。話も儚い雰囲気のものでした。てんぐちゃんが現れて、おばあちゃんが、どんどん幸せになっていく様に、ほっこりとさせられました。しかし、物悲しい雰囲気が漂うのは宇野亜喜良さんの絵のせいでしょうか。あとがきで紹介されていた「ぼくのスミレちゃん」も読んでみたいと思います。

2015/05/19

すみれちゃん

7歳ひとり読み

2020/11/21

感想・レビューをもっと見る