読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで

小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで

小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで

作家
かこさとし
出版社
偕成社
発売日
1996-03-01
ISBN
9784034372203
amazonで購入する

小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

ちいさい鳥まめはちどり6cm, めだか3cm, 雪の結晶0.1mm。1ページ進むごとに一桁小さい世界へ入っていく。松の花粉、染色体、納豆菌、ウィルス、たんぱくしつ,DNA, 水の分子、水素の原子,X線、原子核,陽子、電子。大きい方も知りたくなる。

2013/09/18

mazda

あらゆるもののサイズを、物差しを変えながら表現している本です。原子核って10E-13(m)なんて、ちょっと考えられないくらい小さいんだな、と改めて思いました。

2013/09/20

和草(にこぐさ)

ページをめくる度に世界が小さくなっていく。化学入門のような一冊。

2017/03/14

つたじゅん

わたしがついていけるのはウイルスくらいまでで原子とかクオークなんてもうわからん。でも難しい内容でもかこさとしさんの絵だとなんとなくなごむ。

2012/01/24

タツキノコ

年中息子が図書館で選んだ本。難しい説明も多いけど、小ささの比較はとても楽しそうに読んでいました。

2013/02/02

感想・レビューをもっと見る