読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)

わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)

わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)

作家
松谷みよ子
味戸 ケイコ
出版社
偕成社
発売日
1987-12-01
ISBN
9784034380505
amazonで購入する

ジャンル

わたしのいもうと (新編・絵本平和のために) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テンちゃん

いじめは人の心を地獄に落とす。妹はいじめにあって、ひきこもって、家から外に出ることなく鶴をおることで、心のどこかで闇から抜け出す為の光を求めていたと思う。そして、死を選択する。彼女のような人が何万といる。子どもから大人まで自殺者が毎年約3万人もいる日本は病んでいる。中学校の先生が自らの現場を絵本化した本、おおきなあなが話題になっている。いじめは現場で起きている。著者は何度も不登校の生徒の家に足を運び心の支えになる努力をしたという。大切なことは、闇を払い光を与える人間の存在になる事。口だけなら傍観者と同じ。

2015/07/06

もすけ

ねえ、それって〝いじめ″なんじゃない?よく考えてみて、おねがい、いじめは〝みじめ″だからさ、やられたほうも、やるほうも。そしてかっこ悪い、やめよっ、ね、

2016/07/14

テルテル

私も小学生の頃、集団いじめにあっていた。この本の気持ちが痛いほどわかる。死を覚悟しなければならない状況に追い込まれた時、私の母が死んだ。母の死を境に私に対する集団いじめが消えた。私が大事にしているいじめを考える絵本『おおきなあな』と共感できる。妹の暗闇に沈む姿が見える。いじめの苦しみという『おおきなあな』に深く落ち込んでしまった彼女を助けようと母親はこの絵本にはないことも精一杯の行動で、彼女の心の闇という『あな』から救い出そうと手を差し伸べたに違いない。いじめられれば地獄そのもの。いじめをなくしたい。

2015/04/11

やす

1月2日、本年度初出勤、職場の机の上に置いてあった本を手に取ってみた。年度末に読書指導員さんがすすめてくれた本。「私をいじめた人たちはもうわたしをわすれてしまったでしょうね」という言葉を残して、妹はなくなっていく。あまりに重い本で小学生にはとても読み聞かせができないと判断したそうです。

2016/01/02

サク

私は中学校の教員です。『わたしのいもうと』は、学校現場でよく活用している。しかし、読んで、いじめる側、傍観者、いじめられた側の気持ちを考えさせたときに『かわいそう』というイメージがとても強すぎて、生徒の感想文から自分のこととしてとらえにくい教材だと思った。そこで、いじめを考える絵本『おおきなあな』と連動して『わたしのいもうと』に出てくる登場人物を絵本『おおきなあな』の登場人物に当てはめて考えさせる授業を何度か行った。グループ化し、両方の絵本から人物相関図を作成させ、考えさせる授業を展開した。→2ページ目へ

2016/07/16

感想・レビューをもっと見る