読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かこさとし・ほしのほん〈3〉あきのほし

かこさとし・ほしのほん〈3〉あきのほし

かこさとし・ほしのほん〈3〉あきのほし

作家
かこさとし
出版社
偕成社
発売日
1985-08-01
ISBN
9784034430309
amazonで購入する

かこさとし・ほしのほん〈3〉あきのほし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ochatomo

科学絵本「宇宙」の導入におすすめ 表紙の写真はアンドロメダ大星雲 春夏には南北だった天の川は南西・北東へ その中のカシオペアは方角を知るのに便利 ギリシャの星座神話では彼女の驕りで夫ケフェウスが娘アンドロメダを生贄に捧げようとしペルセウスが助けて天馬ぺガススで送り届ける アンドロメダ大星雲は地球がある銀河系宇宙とは別な星の世界で210万光年離れている 大宇宙は150億光年 1985刊

2019/03/14

絵具巻

文京区立根津図書館で借りました。

2017/01/18

ちか

ペガサス、アンドロメダ、小宇宙、……某アニメのイメージが強すぎて、(^_^;) なんか笑える。

2015/05/27

S&M

先日 出かけた先で、素晴らしくきれいな秋の星空を見たので、次の日 図書館でこの本を借りてきました。アンドロメダ姫を助ける神話が子どもたちのお気に入り。毎晩その部分ばかり読んでとせがまれます。ひらがなのタイトルから、ほしのあきちゃんを連想する。

2014/09/24

dimsum

図書館。コンプ

2020/09/09

感想・レビューをもっと見る