読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あったかねぐら―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈4〉

あったかねぐら―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈4〉

あったかねぐら―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈4〉

作家
宮崎学
出版社
偕成社
発売日
2002-03-01
ISBN
9784035262404
amazonで購入する

あったかねぐら―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈4〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みさどん

カラスが針金ハンガーを持っていって巣を作っているのはよく知っていたけど、ここには部屋へ入れてもらって巣作りしている鳥が出てきてビックリ。羨ましい。人間とうまく共存できている生き物、涙ぐましい。でも、そうでないと生きていけないというところもあるのだろう。電線にかけられた巣なんて撤去もされるし。人間がどう受け止めるかってことかな。ツバメの巣があるおうちって優しいなといつも思う。

2017/08/26

感想・レビューをもっと見る