読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小さな山神スズナ姫 (小さなスズナ姫)

小さな山神スズナ姫  (小さなスズナ姫)

小さな山神スズナ姫 (小さなスズナ姫)

作家
富安陽子
飯野和好
出版社
偕成社
発売日
1996-03-01
ISBN
9784035283102
amazonで購入する

小さな山神スズナ姫 (小さなスズナ姫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

深青

富安さんの違うシリーズに手を出してみる。山神様の娘、スズナ姫のお話。短くて読みやすかった。山を一人で紅葉させることができたら、自分と同じ名前の山を譲るという約束をお父さんから取り付けたスズナ姫。さて、彼女は無事に山を紅葉させることが出来るでしょうか?スズナ姫の気風のいい性格がとても気持ち良かった!

2015/06/21

BlueBerry

楽しいお話で展開が速くってイメージもし易いので良かったです。短い話ですし、お勧めですね。

2013/06/29

おはなし会 芽ぶっく 

30年度ブックトーク授業6年生 読書感想文に向けて。 お父さんの山神から独り立ちするには、一日でスズナ山の木の葉を秋色に染めなくてはならない。シリーズの1冊。小さなスズナ姫、実は300歳と教えるととても驚き「さすが神さま!」と(笑) 『司書と先生がつくる学校図書館』より3年生向け。

2018/07/20

みつばちい

夜寝るときに我が子たちに少しずつ読んでやっと読了。もう、2年くらい前から読み聞かせ候補に何度も持って来たのにその都度却下されていたのは、表紙の雰囲気かなぁ、、?読み始めたら「こんな面白いのか!何度も読もうとしてたのも納得!」とありがたいお言葉を上2人からもらえました笑 300歳のスズナ姫はお父さんの山神に一人立ちを願い出ると、1日でスズナ山の木の葉を秋色に染めたらスズナ山の神にしてあげると言われて、、シリーズもあるのでまた読みたいです。

2018/06/01

1039kuri

三百才でもまだ子ども扱いされるスズナ姫。なんだか、前後してプリンセス・レイアのお話を読んだせいか、娘を前にして威厳も何もあったもんじゃないパパたちを立て続けに見てしまった気分。狐たちが力を合わせて活躍するのが面白かった。

2013/07/12

感想・レビューをもっと見る