読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紙ひこうき、きみへ

紙ひこうき、きみへ

紙ひこうき、きみへ

作家
木内達朗
野中柊
出版社
偕成社
発売日
2020-03-25
ISBN
9784035285809
amazonで購入する

紙ひこうき、きみへ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらちゃん

会いたい気持ちはどこまでも。行く道は違っても友達。そして今度はお互いに大事な存在となる。青い空を切り取った紙飛行機が、会いたい気持ちを繋げてくれるなんて素敵。いきいきと描かれる景色と、二匹のリスの友情に、心がじんわり温まる物語でした。

2020/06/04

ぶんこ

一人で暮らすシマリスのキリリの元に、一人で旅を続けるミケリスのミークが訪れる。二人(二匹)のお互いを思い遣る気持ちにほっこりします。「おもてなし」の気持ちって、これなのでしょう。しかし、ミークは旅立ったしまいました。寂しい日々をおくる二人が、再会するまでがとっいぇも素敵でした。空をチョキチョキして紙ひこうき、の手紙にする発想が素敵。絵も素晴らしかったです。

2020/06/19

とよぽん

木内達朗さんの絵が、ブリッタ・テッケントラップの画風と似ていて惹き込まれた。さすらいの一匹狼ならぬ一匹リスのミケリス、ミーク。定住の安らぎに何の疑問も抱かないシマリスのキリリ。空を切り取って作った紙ひこうきが、とても象徴的なアイテムだと思った。文も絵も日本人だが、紙ひこうきが結ぶリス君たちの友情物語に、何となく翻訳もののような雰囲気を感じた。

2020/07/06

キラ@道北民

「ルビねこ」で野中さんの児童書にハマり、新刊も読んでみました。大切なともだちに「会いたい」という想いを伝え合う紙ひこうき。実はいつもともだちと繋がっている「あるもの」で作られています。伝えたい気持ちにキュンとなります。グラデーション豊かな絵もとても素敵です。

2020/04/17

anne@灯れ松明の火

読友さんご紹介。新着棚で出会えた。野中さん、多分初読み。絵本ではなく、挿絵の多い童話。木内達朗さんの絵がデザイン的でオシャレだけど、温かみもあって、リスたちもかわいいらしい。会う前から、会った瞬間から、友だちになれることって、あると思う? 仲良くなれても、ずっと一緒にいられるとは限られない。生き方は違う。でも、心が結ばれていれば、会いたい気持ちが強ければ、きっとまた会える。キリリとミークをつなぐのは、いつも青い紙ひこうき。

2020/04/26

感想・レビューをもっと見る