読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まほろ姫とブッキラ山の大テング

まほろ姫とブッキラ山の大テング

まほろ姫とブッキラ山の大テング

作家
なかがわちひろ
出版社
偕成社
発売日
2014-11-12
ISBN
9784035309208
amazonで購入する

まほろ姫とブッキラ山の大テング / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のこ

タヌキに育てられたまほろ姫は、タヌキ顔負けに化けることができます。化けるためにはブッキラ山に生えているカシワの葉っぱが必要。普段はおこづかいとしてもらう葉っぱ、もっと欲しい!そう思ったまほろ姫は、タヌキの茶々丸と一緒に、ブッキラ山に登ることにしました。■ゆるゆると進むまほろ姫と茶々丸の冒険譚。イラストと相まって可愛らしく、安心して読めます。肝のすわったまほろ姫がとてもかっこいい。「ぼくがお兄ちゃんだもん!」な茶々丸もかわいいです。登場人物も個性豊か。続編もあるといいな〜。

2014/12/23

遠い日

シリーズ2巻目の『まほろ姫とにじ色の水晶玉』からこちらへ。まほろ姫と茶々丸が、ブッキラ山の大テングの弟子として修行するようになった経緯が、やっとわかった。この大テング、尊大な態度で居丈高な割にはとってもいいやつ。まほろ姫と茶々丸の、大胆で危険な冒険もおもしろいし、そこから派生した物語のうねりもみごと。クダギツネのかぐやとの出会いも、とってもすてきだった。やっぱり、シリーズが続いて欲しいなぁ。

2018/02/08

HNYYS

図書館本。知識を独り占めするのではなく、共有する楽しさを大テング様も理解していただけたようで良かったです。

2020/04/25

けいねこ

まっすぐな優しさに勝てるものはない、というお話でした。登場人物にそれぞれ味があって、楽しめました。

2015/02/22

ろばこ

かわいいお話。タヌキの乳母に育てられたまほろ姫と乳兄弟の茶々丸。二人のやりとりが面白い。これシリーズで続かないかな~

2014/12/28

感想・レビューをもっと見る