読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イグアナくんのおじゃまな毎日 (偕成社おたのしみクラブ)

イグアナくんのおじゃまな毎日 (偕成社おたのしみクラブ)

イグアナくんのおじゃまな毎日 (偕成社おたのしみクラブ)

作家
佐藤多佳子
はらだ たけひで
出版社
偕成社
発売日
1997-10-01
ISBN
9784036101108
amazonで購入する

イグアナくんのおじゃまな毎日 (偕成社おたのしみクラブ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハワイ猫

「ハンサム・ガール」もよかったけどこちらも面白かった。小学校高学年向け。ちっとも大人がしっかりしていない。お父さんはすぐ叩くしクビクビ言うしお母さんはヒステリックだし。徳田のジジイからペテンにかけられて引き受けざるを得なくなったイグアナのヤダモン。前半はみんなバラバラになって喧嘩ばかりだけどあの夜のシーンがぎゅっときた。厄介なものを押し付けられた状態から自分がなんとかしように変わる瞬間。後半はぐんぐんよくなる。家族もイグアナ生活も。日高くんナイスガイ。挿し絵もほのぼの。緑の夢!命について語るシーンがよし!

2012/10/11

マスオ

イグアナを飼うのって大変なんだな

2016/12/22

しろ

娘を叩く父親、ヒステリックな母親、部屋を荒らしまくるイグアナがすごく嫌でしたが、読み終わったときにはみんな好きになっていました(^^)樹里だけでなく、父親も母親も、イグアナが来たことでどんどん変わっていくのがわかって面白かったです♪爬虫類は嫌いだけど、私もイグアナとお昼寝したくなりました(*^^*)

2012/02/01

おーちゃんママ

10年くらい前に初めて読んで、今回で三回目かな?何度読んでも面白い!「コタケ~」と樹里ちゃんを呼ぶ日高君が好きです。児童書なんだけどしっかりと取材していて、イグアナの生態をきちんと描いている佐藤さんはすごい!小学5年生(女の子5人)に佐藤さんの第1歩として薦めました。イグアナ飼いたい派と飼いたくない派に分かれましたが、この本のヤダモンはイラストが可愛いので許せるそうです。

2011/05/22

カヤ

後半はおもしろかっただけど、前半は読むのつらい。だからこそ後半が良くなるんだとわかっていても、つらい。

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る