読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時間色のリリィ

時間色のリリィ

時間色のリリィ

作家
朱川湊人
川野
出版社
偕成社
発売日
2021-05-21
ISBN
9784036432301
amazonで購入する Kindle版を購入する

時間色のリリィ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっちゃん

朱川さんが児童書?表紙にもちょっとビビリながら読み始める(笑)最初は、やはり子供向けか?と思ったけど、後半からは、なかなかガッツリ読んじゃったよ!良いお話で、面白かった( ̄▽ ̄)

2021/08/07

杏子

朱川湊人さんはじめての児童書ということで、読んでみた!なかなか面白かった。最初、表紙を見た時には、魔法少女もの?と違和感あったが。「ミコミコぷろだくしょん」の正体を知った時には、いいね!となった。なかなか楽しい話だった。挿し絵代わりのマンガ?もよかった。

2021/07/18

anne@灯れ松明の火

新着棚で。ネットギャリーで、朱川さんが「児童向けの作品に初挑戦」とあり、気になっていた。「オルゴォル」は少年が主人公だったけれど、一般書だった。これは、児童書に分類されている。突然現れた不思議な少女は「私は、大魔法使いリリィ!」と名乗った。一体、どういうこと? 児童向けとはいえ、さすが朱川さん! 非常に練られていて、面白かった。予想外の展開あり、友達との関係での悩みなど共感できることあり。また、昔のギャグが散りばめられて、大人へのサービスも(笑)

2021/08/24

MarsAttacks!

小学生夏休みの課題図書のような作品。朱川さんの毒気無し、児童書全開の物語でした。でも意外と楽しく読めるのですよ大人でも、友達との別れが不安になるところなんかは、遠い昔そんな絶望に似た思いだったな~とか・・・でも今はね~別れに慣れてしまったのか鈍感な大人になってしまった。舞台は現代だけど、なにか懐かしさに触れらることができました。

2021/08/15

おーね

45年前に描いたマンガの主人公が突然現れて。とこれだけではファンタジーでもあるけれど、友達と離れてしまう(物理的でも心理的でも)辛さからくるとなると心を救わなくてはいけないですね。人のつながりはすぐ切れてしまうから。

2021/07/19

感想・レビューをもっと見る