読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メキシコ (世界のともだち)

メキシコ (世界のともだち)

メキシコ (世界のともだち)

作家
長倉洋海
出版社
偕成社
発売日
2014-08-23
ISBN
9784036481309
amazonで購入する

メキシコ (世界のともだち) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

10歳のリセットは小さな町テオティトカン・デル・バジェで暮らしている。タペテーという織物で生計を立て、両親と姉・弟の5人家族。以前はロスで生活していた。普段はスペイン語で話すが、両親の使うサポテク語も少し話せる。メキシコは銀の生産が世界一。原油も輸出して資源が豊富。トランプ大統領になりペソが売られたが、国債の利上げで対応している。TTP11に参加し日本との関係も深い。主食はトルティーヤ。毎日タコスを食べている。メスティソが約60%、先住民が30%で宗教はカトリックが82%を占める。リセットの笑顔がまぶしい

2019/05/06

hoguru

メキシコの方と出会ったので息子と読んでみた。メキシコは日本の5倍の大きさ。

2018/04/07

図書館本。いろんな国の子供たち(ともだち)の生活を覗いてみよう、なシリーズのメキシコ編。ほとんどの人が織物づくりに携わる町で暮らす10歳のリセット。手先が器用で、色のセンスもあるのは両親譲り。午前中は市場のお母さんの部屋でお手伝いをして、午後から学校へ。学校が午前と午後に分かれている話しは結構聞くけど、終わるのが6時というのは結構厳しい…。

2018/08/22

ちい

メキシコの学校は午前と午後の学校があり、二つの学校が一つの校舎を使う。リセットの登校は午後1時半から。教員がストライキを起こすと授業がなくなり、その分をまとめて行うことも。

2018/03/26

あや

「世界のともだち」シリーズ、面白そうとずっと気になっていて、今回初めて読みました。本書に登場するのは、リセットという10歳の女の子。何事にも一生懸命で可愛い。メキシコの生活が垣間見れて興味深かったです。

2014/11/13

感想・レビューをもっと見る