読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青(ハル)がやってきた (偕成社ノベルフリーク)

青(ハル)がやってきた (偕成社ノベルフリーク)

青(ハル)がやってきた (偕成社ノベルフリーク)

作家
まはら三桃
田中寛崇
出版社
偕成社
発売日
2017-10-18
ISBN
9784036490509
amazonで購入する

青(ハル)がやってきた (偕成社ノベルフリーク) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

信兵衛

子供というのはちょっとしたきっかけ、刺激によって大きく変わる、成長することがある。そのことを如実に、楽しく描いた連作小説といって良いと思います。

2018/06/13

杏子

青と書いてハルと読む!お父さんがマジシャンで、サーカスとともに日本全国あちこちを回っているという設定。転校をくりかえし、その地で出会った小学生との関わりを描いている。どの話も心あたたまる展開で、まはらさんらしい。中でも山口を舞台にして書いてくれたのがうれしかった‼ まはらさんにお会いしたことがあるのですが、書かれるものと同じく温かなお人柄。思い出します。この本は読みやすかったし、きっと子どもたちも気に入ると思うので、、購入を考えたい‼ ハルの「○○なのである」みたいな話し方はどこから?とお聞きしたい感じ。

2018/07/15

ぽけっとももんが

道徳の読本のようだ。転校生のハルは、きっかけに過ぎない。ただ彼がやってくることで、誰かの心が動き出す。短編だから物語はそこまで。それ以上説明もしない。読んだこどもに、なぜだと思う?と問いかけるだろう。最後はハルの短い章で終わるのだけど、いっそそれはなしでメアリーポピンズみたいに語らない不思議な存在のまま、の方がよかったんじゃないかな。ま、大人だからいろいろ考えちゃうんだけど。

2018/01/23

おーね

面白いしゃべり方をする青。転校する中で出会った友達に何かしらぽっと温かいものを残して去っていく。本物の魔法使いを目指して。

2018/02/25

kira

転校生・鈴木青はマジシャンの息子。サーカスとともに学校を変わる。青がやってきた街には不思議なことが起こる。優しいおはなし。 まはらさんのは面白いけど,相変わらず感想はまとめにくい。

2018/05/28

感想・レビューをもっと見る