読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一等はビキニの絵 (偕成社文庫)

一等はビキニの絵 (偕成社文庫)

一等はビキニの絵 (偕成社文庫)

作家
那須正幹
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784036515608
amazonで購入する

一等はビキニの絵 (偕成社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読み人知らず

最後絵に手を加えて一等を取るのが面白いや^^

2007/10/24

905

那須正幹の最初期の作品。初期は田舎が舞台の作品が多いけど、いくら40年以上前とはいえ田舎過ぎないかとも感じる。この数年後に始まるズッコケシリーズだって大都市が舞台なわけじゃないけど、都会的な雰囲気があるわけだし。でも、鉄道もない山の中の村落ならこんなもんなのかな。実際、ぼくが今住んでるところも、移動・通信手段とか技術的な進歩を別にすれば、サルやイノシシも出るわけだしこの作品の舞台と大差はない気がしてきた。ともあれ、内容自体はとてもおもしろい。

2016/09/02

感想・レビューをもっと見る