読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いいたいことがあります!

いいたいことがあります!

いいたいことがあります!

作家
西村ツチカ
魚住直子
出版社
偕成社
発売日
2018-09-19
ISBN
9784037272906
amazonで購入する Kindle版を購入する

いいたいことがあります! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

YAらしい1冊。親の言うことを何の疑いもなく聞いていたのに、気がついたら「それはちょっと違うんじゃないか」と感じるようになっている。当たり前だと思っていたことが当たり前だと思えなくなる。家事の手伝いをしないと怒られる自分と、何もしないでテレビを観る兄。「○○のため」だと言われても、それがただのおしつけではないかと疑う。自我の目覚めと思春期の始り。スージーの正体は想像に難くないが、同じ思いだった二人は微笑ましく温かい。親は有り難いが時に鬱陶しい。そんな中学生に読んでほしい。すぐ読めるボリュームもうれしい。

2019/07/20

おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと…

75/100点 祖母から三代にわたる家庭における仕事と家事における問題を描いた作品。話しの中にファンタジー要素を醸し出しながら母親と娘のお互い不満を抱えた関係の中に、家族の中で生まれる仕事や家事に対して女性が背負わされ続けている問題を描いています。最後の方で家族みんなが気付いて問題が解決したかのようなラストになっていますが、実際は何も解決などしていないのじゃないかな。登場するこの家族全員に共感出来ないままの読書になりました。

2018/11/19

野のこ

こんな母親になるものかと思ってても気づいたら自分の子供に同じことをしてる。母に不満をもつ陽菜子に応援してくれるスージー、展開は予想できたけどちょっと不思議なストーリーや考えさせられるところは読書感想文にも良さそう。口に出して言ってみる。なかなか思うように伝わらないこともあるけど一歩前進。陽菜子ちゃん、最後はしっかりと意思を持ててほっとしました。受験、頑張ってね。ただ魚住さん好きなのですが、期待してた面白さはなかったです。

2018/10/13

☆よいこ

児童書だけどYAぽい。小学6年生の陽奈子は勉強もてお手伝いもきちんとできるお利口な子。でも最近、お母さんに対して不満がつのってきた。お兄ちゃんは家事をしなくてもいいの?勉強しろっていうけど、疲れちゃった。友達の愚痴を言ったら悪口はよくないと言われる。お母さんだって悪口言ってるじゃん。モヤモヤが溜まっていく中、陽奈子は不思議な少女スージーと出会う。スージーの手帳に書かれた言葉「わたしは、親に支配されたくない。わたしは、わたしの道を行きたい」に衝撃をうける。▽わかりやすく読みやすい。お利口女子に読ませたい。

2019/01/08

ぶんこ

中学受験のための塾に行っている陽菜子ですが、友だちとも遊びたいし、大好きな絵も描いていたい。中学生の兄は勉強と野球があるからと家事手伝いは免除。陽菜子ばかりが手伝わせられることに納得がいかない。塾をズル休みし、友だちの家に遊びに行ったりと抵抗をするがモヤモヤ。親は自分が子どもだった頃のことを忘れて、子どものためにと思い込んで口出しする。まぁ仕方ない部分もあるとは思うものの、兄妹で家事に差をつけるのはよくない。このお兄ちゃんの言ってることに仰天。このまま大人になって結婚したら、妻になる人が可哀想。

2021/04/14

感想・レビューをもっと見る