読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

たまねぎとはちみつ

たまねぎとはちみつ

たまねぎとはちみつ

作家
瀧羽麻子
今日マチ子
出版社
偕成社
発売日
2018-11-30
ISBN
9784037273101
amazonで購入する

たまねぎとはちみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yanae

今作は児童向けのお話…とは知らず手に取りましたが、大人でも楽しめる素敵な内容でした。主人公は小学5年生の千春。ある日出会った修理屋のおじさんとの交流が千春を成長させていく。ただただ修理屋のおじさんがなんて魅力的な人だろう、自分もこんな出会いがあればな…と読んでいましたが、瀧羽さんのインタビューを見て、「ニューシネマパラダイス」がモデルと知り、なるほど!と大納得。道理で素敵な世界観。瀧羽さんが込めたメッセージが読んだ子供たちに届くといいな。作中のたまねぎとはちみつの使い方がかわいくて好き♡

2019/02/07

ゆみねこ

小5の内気な少女・千春と元気で好奇心旺盛な俊太は、路地の奥にある修理屋でアルバイトをしている不思議なおじさんと知り合いになる。千春も俊太もそしておじさんも、季節と共に変わってゆく。小学校高学年以上の皆さんにお薦め、タイトルが素敵です。

2019/01/13

しゃが

ほっとレモンに入れたい「はちみつ」のような一冊。瀧羽さんの作品では一番好み。小5の千春は内気な女の子。おニューのスカートが縁で知り合った修理屋のおじさんとそのお店に来る同じクラスの俊太との3人が、寄り添いながら変わっていく一年。千春は小さな心で悩み、喜び、競ったりする。おじさんは大きな心で「先輩・後輩」としての手助けをしたり、愉しんだり。が、おじさんにもたまねぎの悩みがあった…。千春がおじさんからのクルピ、一度だけ大切な人に届ける笛の音色はおじさんには届いただろう、彼らがまた出会うことを祈る思いでいっぱい

2019/01/08

ちゃかちん【積読:24】

児童書でした。私の好きな「血の繋がらない大人と子供の関係」「年齢を越えた友情」の、お話でした。タイトルの『たまねぎとハチミツ』は苦あれば楽あり的な意味合いですかね(^^)子供達が読んだらラストはどう思うのか凄く知りたいです。私はおじさんの最後の行動は好きじゃなかったかなぁ。子供達ならどう受け止めるのか、本当に知りたいです。

2019/03/07

ネコタ

小学生の千春と俊太、そして修理屋さんのおじさんのお話。千春があるときであった修理屋のおじさん。最初は怪しみながらもおじさんの人柄もあって、おじさんに心を開きいろいろはなすようになる。そして同級生の俊太も一緒に。小学生がちょっぴり大人になる成長物語かな。おじさんもまた今の生活から一歩進んだところに行けたと信じてる。

2019/01/30

感想・レビューをもっと見る