読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

つばめの鎮魂歌 (ミス・カナのゴーストログ)

つばめの鎮魂歌 (ミス・カナのゴーストログ)

つばめの鎮魂歌 (ミス・カナのゴーストログ)

作家
斉藤洋
深川直美
出版社
偕成社
発売日
2012-02-02
ISBN
9784037447700
amazonで購入する

ジャンル

つばめの鎮魂歌 (ミス・カナのゴーストログ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

杏子

四冊目読了。まぁ軽く読めるシリーズではありましたが。この話は今までで一番、素直にいい話と言えたカナ。夏菜ちゃんもやっと霊との関わりも落ち着いて?これからも元気に生きていけるわよね。それもベストパートナー俊ちゃんのおかげですねー! サインボールとキャップの件はグッジョブでしたよ。続編もあったらよいよねぇ高校生編。作者の斎藤さんぜひとも〜待ってます〜。

2012/11/06

速水 舞

シリーズ最終巻です。 カナはある日、小さな男の子の幽霊を見かける。一緒に母親らしい幽霊もいるのだがなにやら事情がありそうで…。 俊介が相変わらずいい味だしています。高校生編があったらいいなぁ♪

2013/10/20

akari

さくっと1時間かからずに読めるシリーズでしたが、最終巻もさくっと読めてしまいました。内容はありきたりといえばありきたりな終わりでしたが、読後感が良かったです。高校生編をぜひ呼んでみたいです。

2012/06/24

哉-sai-

さくさくっと読んであっという間の最終巻。…と言っても4冊目だけど。。児童書だから軽めなのはわかるんだけど、カナと俊ちゃんのカンケー性かなり好きなので、これで見納め(読み納め?笑)なのは残念。ぜひ『高校編』に続いて欲しいです。。*タイトルに“つばめ”とあったから前回同様に動物モノかと思いきや、まさかのそっち?…で(笑)でもカナにとっては初の自らアプローチで…やはり、俊ちゃんの存在は良いなぁと改めて思った。表面上ではなく、本当の意味でちゃんとカナを理解し支えているあたり、カッコイイ男。…んん〜やはり続編希望!

2012/06/12

がばいおばちゃん

表紙の顔も怖くなくなってきている。うまくかかわれるようになってきたからかな。

2014/08/28

感想・レビューをもっと見る