読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ)

軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ)

軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ)

作家
上橋菜穂子
佐竹美保
出版社
偕成社
発売日
2007-09-18
ISBN
9784037500504
amazonで購入する Kindle版を購入する

軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

チャグムの成長が頼もしい。バルサは出てこないが、バルサに教えてもらったチキのおかげでタルサン王子と親しくなるきっかけをつかむ。チャグムは優しさと勇気と多少の武術、異界を感じる特技、タンダに教えてもらった呪術の初歩を持ち、今タルサン王子やサルーナとの友情も持つことになり成長が嬉しい。シュガとのコンビもバッチリで頼もしい。ただ、個人としての思いと皇太子としてあるべき姿とのジレンマに苦しむのが辛いところだ。

2014/11/20

まるる

成長したチャグムの物語。まだまだ青い所はあるけど、きっといい王様になるのだろう。今のチャグムをバルサに見せてあげたい。あなたと過ごした時間を肥やしにして、こんな立派な青年になりましたよって。

2016/03/29

みっこ

海辺の暮らしを夢見る私にとって、サンガル王国の文化風習は興味深いものでした。美しい挿絵に想像を助けられます。特に海の上で暮らすラッシャローは憧れ!心優しく誠実に育ったチャグムに会え、胸が熱くなりました。シュガの反対を退け、タルサンとサルーナを助けると決めるシーンが好き。そしてその支えとなるのはバルサたちと過ごした日々だと思うと、なんだか嬉しくなります。自分の危うさを認識し、あえて危うさを持ち続けたいという覚悟。どこの国でも王家には陰謀が渦巻くもの。彼の夢が叶う日が来るようにと願わずにはいられません。

2015/12/26

絳楸蘭

旅人はチャグムが主人公なのね。母親に抱かれて眠そうな目をしていた時から3年。皇太子として他国を訪問し自分の考えで人を動かせるまでになるなんて…。環境って大事、物事を知るって必要なんだなぁと改めて感じた。ここまでの努力をしてきたのはチャグム本人だけど、そうさせる切っ掛けをつくった二ノ妃が凄いと思う。さまざまな喜びを知りながら生きていさえいればいい…だから手離すって。そうは思ってもなかなかできないことだと思う。二ノ妃の母の愛とバルサやタンダ、トロガイ師、シュガとの出会いがチャグムを成長させたんだな。→

2014/03/24

まりもん

次女に借りて読了。チャグムが外交をどうするのかなと思っていたら呪術関係に巻き込まれてしまったりして大変なことに。カリーナもなかなかの狸だと思いながら読了。

2016/05/07

感想・レビューをもっと見る