読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

軽装版 天と地の守り人<第2部>カンバル王国編 (軽装版 偕成社ポッシュ)

軽装版 天と地の守り人<第2部>カンバル王国編 (軽装版 偕成社ポッシュ)

軽装版 天と地の守り人<第2部>カンバル王国編 (軽装版 偕成社ポッシュ)

作家
上橋菜穂子
二木真希子
出版社
偕成社
発売日
2008-09-26
ISBN
9784037501006
amazonで購入する Kindle版を購入する

軽装版 天と地の守り人<第2部>カンバル王国編 (軽装版 偕成社ポッシュ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

財布にジャック

ラスト一冊を残し、いよいよオールスター総出演な予感です!バルサに感情移入しすぎて、自分がバルサになっちゃった気分です。チャグムを我が子のような恋人のような目線で見てしまうので、ハラハラドキドキしました。後書きにファンタジー作品が沢山羅列してあるのですが、殆ど読んだことないことに愕然としました。これは大幅に課題が増えそうで、困りました。

2010/09/14

まるる

「闇の守り人」はバルサとジグロの物語で完結したと思っていたのに、ここに来てまるで伏線だったかのように、物語の終章に生きてきた!これで計算して書いてないって言うんだから上橋さん凄い!

2016/12/21

みっこ

これまで出てきた各国の事情が絡まりあって、かなり深い話になってる。自分の脳みそがついていけないのが悔しいです。。バルサとチャグムが出会えてホッとしたのもつかの間、緊迫感が漂う一冊。シリーズの初めは、完全にバルサがチャグムを守る立場だったのに、いつの間にか対等になっている。自国の民を思い、冷静に判断し行動するチャグムに胸が熱くなります。最後にバルサがいう『こんな人生だって、哀しみしかないわけじゃない。たとえば、ほら…』の続きには泣かされました。本編はラスト1巻。どうかみんな無事で、光の方向へ迎えますように!

2016/03/20

まりもん

次女に借りて読了。バルサとチャグムの旅にシハナの仲間が影から見ているのはなかなか思い通りにことが運ばないような気がしていたけれど、彼らに助けられたり情報を得ることでチャグムが同盟を結ぶ手がかりを得たりと今は良い関係なのかな。

2016/09/16

ケロコ

チャグム天晴れ。手に汗握る逃走と格闘シーンが続き、固唾を飲んで息さえ止めて読み進める。チャグムがラウル王と対峙した後に、イーハン王と対面。そこからラダール王の前に平伏すまで、緊張の連続であった。バルサの微笑み、ナユグの誘い。海を渡って、沢山の人たちと触れ合いながら自分の考えを試行錯誤して、成長していくチャグム。ついつい今の自分に置き換えて物語に引き込まれてしまった。なるほど、3部を読むのが勿体ない。

2015/03/09

感想・レビューをもっと見る