読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちからもちのおかね (女の子の昔話えほん)

ちからもちのおかね (女の子の昔話えほん)

ちからもちのおかね (女の子の昔話えほん)

作家
中脇初枝
伊野孝行
出版社
偕成社
発売日
2022-01-31
ISBN
9784039604101
amazonで購入する

ジャンル

ちからもちのおかね (女の子の昔話えほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わむう

高知県の昔話とのこと。3歳の時から、力持ちのおかね。牛をひょいと持ち上げたのを見て殿様から天下御免と言われます。大人になって猟師になると腕前は百発百二十中。そして村人をおびやかす天狗や化け物を退治します。LGBTの絵本としていいかも。

2022/03/17

ヒラP@ehon.gohon

女の子の昔話えほんの1冊です。 あまり知られていない昔話として、取り上げられたおかねのオリジナリティに圧倒されました。 力持ちで、腕のいい猟師のおかねは、力比べでも、猟の腕前でも大活躍です。 武勇伝は他にも逸話がありそうなので、掘り起こしてみたい作品です。 結婚して、子を授かったおかねですが、おかねの子どもならば、きっと母親以上の活躍をするのではないかと、そんな想像も楽しめました。

2022/04/15

ヒラP@ehon.gohon

C事業所で読み聞かせしました。

2022/04/04

おはなし会 芽ぶっく 

おかねは、お金ではなく女の子の名前でした(;^_^A 高知県幡多地方に伝わるおはなし。幼少の頃から力持ちのおかねちゃんは、大人になるとその姿を見ただけで相手をやっつけてしまうほど…。「むかしまっこう さるまっこう」は、高知県でよく聞くおはなしの終い言葉。

2022/04/08

spatz

著者はすごい小説を書く方なので、その方の書かれた絵本、そして再話、に興味をもった。徳島県に生まれ高知県で育つ、とあり、まさに故郷と言えるところの伝承を再構築したのかと思いました。解説によると、力持ちの女性の話は日本中に残っているが、中でも高知県西部、幡多(はた)地方の岩井谷で岩井のおかね、と呼ばれた話が秀逸なので取り上げたとか。平安・鎌倉時代の説話集にもとりあげられ、江戸の浮世絵にも描かれているそう。 https://www.netgalley.jp/book/244312/review/697890

2021/12/21

感想・レビューをもっと見る