読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新しいパパがどう見ても凶悪すぎる

新しいパパがどう見ても凶悪すぎる

新しいパパがどう見ても凶悪すぎる

作家
横山了一
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-29
ISBN
9784040641126
amazonで購入する Kindle版を購入する

新しいパパがどう見ても凶悪すぎる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yuukikazawa

面白うて、時折ホロッとし、胸が暖かくなる。 これは、ちょっと不器用な人達が、親子になるお話です。 興味のある方は横山先生のtwitterを見ていただき、気に入られたのであれば読んでいただければ幸いです。

2019/12/03

てらさか

ちょこちょこツイッターで見ていた話なので、まとめて読めるのが嬉しい。弟のキャラの濃さも好き。

2021/12/06

天津冴子

アンリミはTwitter版なので内容が盛り沢山なのだけど、ここで検索に引っかからないので代用。まず、人は見た目によらないのか、はたまた見た目が100%なのかは、本当に難しい問題だと思う。生き方は見た目に反映されてくると思うし、元々の見た目から作り上げられた習慣もあると思うんだ。にしても見た目で損をしている人が、ちゃんと行動で見直して貰える確率はかなり低いと思っている。それでも主人公の母の新しい彼氏(と、その弟)は、真っ向中身勝負している。優しくて強い。横山さんの描く人は温かいから好きなんだ。

2021/06/11

shizu

ちょっと面白かった。ポジティブオンリーみたいな

2020/03/11

感想・レビューをもっと見る