読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ようこそ実力至上主義の教室へ 終・1年生編BOX トモセシュンサク Art Works

ようこそ実力至上主義の教室へ 終・1年生編BOX トモセシュンサク Art Works

ようこそ実力至上主義の教室へ 終・1年生編BOX トモセシュンサク Art Works

作家
トモセシュンサク
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-01-24
ISBN
9784040642529
amazonで購入する Kindle版を購入する

ようこそ実力至上主義の教室へ 終・1年生編BOX トモセシュンサク Art Works / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くんぴー

トモセシュンサク先生のイラストが素晴らしい。制作の裏側なども聞けてよかった。よう実好きにはたまらない1冊です。

2020/05/12

彼方

よう実画集第2弾。7~11.5巻までと雑誌掲載の様々なイラストやインタビュー記事、ベッド上ではだけ挑発的な目線が魅力的な坂柳の書き下ろしピンナップ、何より店舗特典やコミックアライブ、タペストリー特典までほぼ網羅していると思われるSSまとめ小説と盛り沢山な内容。やっぱり大きくばーっと絵が見れるのは楽しいですね…トモセ先生のイラスト一言もフェチをわかっていらっしゃる。インタビューでは色んな話題が、退学者がどれほど出るのか…2年生編は波乱の予感。シリーズの結末は決めているらしく、投げっぱにはならなそうで一安心。

2020/01/25

コリエル

1年生編のSSをまとめて読んだが、やっぱり綾小路のキャラが演技していたとかいうレベルじゃなくて最初のほうおかしいな。当初の構想だともう少しくだけたところのある性格にするつもりだったのか。作者とイラスト担当の対談は今後も男性キャラの出番が増えそうだなと思わせる内容だった。

2020/02/14

いずどん

トモセさんの簡単なコメントがあるのが面白い。SSではおそらく掲載順に並べてあるため、堀北、佐倉、櫛田➡︎軽井沢、一ノ瀬その他へとシフトしている残酷な変遷が。アニメ組なため、読んで驚いたのが、露骨なサービスシーンとかよう実に存在していたのか! ということです。 また、制作秘話では驚きの話が。面白いから許されるとはまさにこのことなのかな(誰目線なのか

2020/01/25

紫亜

【★★★★☆】配布SSの集約。よう実の日常要素が詰まった1冊。幸せ。勿論〇.5巻では休日の彼らを見ることが出来たけど、どれも物語の進行上、必要な要素が含まれていて、切り取られると不都合なものばかり。しかし、これは彼らの小ネタ、視点切替、閑話休題。最高です。

2020/07/02

感想・レビューをもっと見る