読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デルタの羊

デルタの羊

デルタの羊

作家
塩田武士
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-07
ISBN
9784040650647
amazonで購入する Kindle版を購入する

「デルタの羊」の関連記事

映画『罪の声』が10月30日全国公開! いま最も新作が待たれる作家、2年ぶりの新刊が本日発売 『デルタの羊』刊行記念<特別対談>声優・速水 奨×作家・塩田武士

 代表作『罪の声』『騙し絵の牙』が相次いで実写映画化されるなど、出版内外で熱い注目を集める小説家・塩田武士氏が、2年2カ月ぶりとなる新刊『デルタの羊』(KADOKAWA)を刊行する。アニメ業界が舞台となっているこの作品をいち早く読んだのは、男性声優による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」への参加も話題を呼んだ、レジェンド声優の速水奨氏だ。2人はこの日が初対面だったが、冒頭からエンジン全開の対話が始まった。

『デルタの羊』(塩田武士/KADOKAWA)

――『デルタの羊』はアニメ業界で働く2人の男性が主人公です。最初に登場する渡瀬智哉は、伝説のファンタジー小説『アルカディアの翼』をテレビアニメ化するために奔走するアニメプロデューサー。もう1人の主人公である文月隼人は、企画内容の特殊性から業界をざわつかせているテレビアニメ作品に原画マンとして携わる、中堅アニメーターです。2人の人生が交わり、やがて予想外の物語が切り開かれていく……。アニメ業界の最前線を走り続ける速水さんは、本作をどのよ…

2020/10/7

全文を読む

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」

編集M

 今号の第2特集はTravis Japan!

 メンバーには、好きな本を手に表紙も飾っていただきました。

 さて、この特集番外編では、なぜTravis Japanの特集を組むことになったかの経緯を少しお話させえもらえたら幸いです。

 きっかけは昨年秋に遡ります。

 ある日上司から突然「『虎者』の取材にいかない?」と提案されました。『虎者』は「Travis Japan」の主演舞台。

……トラヴィス・ジャパン……!??

(特集でマンガを描いていただきましたすぎやまさんと同じ状態)

 私は弊誌で主に芸能を担当しておりますが、当時、以前弊誌で連載してくださっていた、A.B.C-Zの担当の編集者が別にいたこともあり、いわゆる「アイドルグループ」を全く知らない編集でした。

「了解です~」と取材日当日、会場でお会いできたのがメンバーの一人、川島如恵留さんでした。当時金髪の彼は、全身銀色の衣装に身を包み、すっと伸びた姿勢がきれいだったことを覚えています。また川島さんは弊誌をよく読んでくださっているらしく、取材が本当にうれしいです! と何度も何度もお話してくださいました。…

2020/10/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

デルタの羊 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

塩田 武士は、新作中心に読んでいる作家です。著者の新境地でしょうか、本作はアニメ業界再生物語でした。著者は、こういった作品よりも、『罪の声』のような骨太のミステリの方が好い気がします。作中作『アルカディアの翼』の全編を読んでみたい。 https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000674/

2020/12/03

旅するランナー

人生のスタートラインって、自分の本当の役割を見つけたときに引かれるもんじゃないでしょうか。アニメ好きならメチャクチャ楽しめる業界話が長く続いてヤベ~って感じだけど、途中から人間ドラマ色が強くなってヤベ~って思えてきます。挫折を乗り越えて生み出される芸術のカタルシスを味わえます。自分に本当に合う小説のボーダーラインを早計に引かなくて良かったです。正論of正論でしょ? 辛くなったら、風呂上がりに読書したらハマるかもね、アニメ最高!ってな具合に。

2020/11/23

mint☆

「アルカディアの翼」という作中作から始まり、次の章からはそれをアニメ化しようと奮闘する姿を描く。夢のある世界だと思っていたのに現状はなかなか厳しい。興味のない業界の話だからなのか前半はなかなか入り込めず。後半からは少し様子が変わりなんとか読み進められたが、オタク言葉が出てくるとつまづいてしまってあまり楽しめず。アニメ好きなら楽しめるのかな。アニメ作りの雰囲気だけ楽しみました。アルカディアだけの小説かアニメが見てみたい。

2020/11/25

修一郎

アニメ業界は厳しいね。昔はキャラグッズが売れればそれで儲かったのに,今は製作委員会方式の限界に近づいて海外で売れるアニメを作らないと続かない,という問題提起は切実だ。デジタル技術が進んで品質は上がるけど手間も増えて儲からない業界ということもわかる。でも!職人連中が寄り合って良いものを作ろうとしている純粋な好きもの集団の魅力的なこと!「ハケンアニメ!」と同じ感想になってしまったが,また違った魅力のお仕事小説だった。ひねった構成に戸惑ったけども段々と面白くなって結局一気読み。冒頭でやめなくて良かった!

2020/11/23

名古屋ケムンパス

アニメに情熱を注ぎ、アニメガ好きで好きでたまらないプロデューサーとアニメーターたちの物語です。ファンタジー小説の傑作「アルカディアの翼」に出会い、そのアニメ化の夢を高校生から持ち続ける渡瀬智哉は業界を離れる憂き目をみても、これを諦めることはありませんでした。夢を共有した同級生の希代のアニメーター文月隼人とともに、飛躍の翼を手にするべく光り輝く青さの中に飛び立ち、新たなアニメの世界を切り拓いていくのです。 #ニコカド2020

2021/01/01

感想・レビューをもっと見る