読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの娘にキスと白百合を 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

あの娘にキスと白百合を 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

あの娘にキスと白百合を 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

作家
缶乃
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-21
ISBN
9784040651293
amazonで購入する Kindle版を購入する

あの娘にキスと白百合を 9 (MFコミックス アライブシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本木英朗

明日香と美風の間にはちょっとヤバい展開が流れている。最初は二人がとても仲良くいたのに、何処からか徐々に編ヤシ始めるんだよなあ。そして二人はとうとう……という感じである。まあ、そこから先は自分で読むしかないけど。一方、ゆりねとあやかもついに2年最後の試験で順位が変わったのだが、それで……という風になるよなあ。こっちも面白いよ、うん。そして次は10巻だな。これで終わりだよ。いやー、本当に目が離せないぞ、うん。

2019/04/08

本木英朗

明日香と美風も、白峰と黒崎も、それぞれあるんだろうねえ。それがまたいいんだけどね。さらに上原や町田だって登場するんだし、やっぱりこの学園は何かがある、といってもよいのではなかろうか。まあいいけどね。ちなみに2回目です、はい。そして次巻が最終巻だぜ、うふふ。いやー、どうなるのかなあ、本当に。ではでは、また。

2019/09/20

石棺栞

「変わっていくこと」をテーマに据えた9冊目。新登場の明日花・美風さん、ずっと黒沢さんと仲良くなりたいと思い続けてきた郁さん、白峰さんの働きかけによって変わってきた黒沢さん、みんなが相手に向かって新たな一歩を踏み出した巻だった。作中時間は梅が咲こうとする初春の季節。大台に乗る10巻では春が来るかな。

2018/09/30

leo18

心が洗われる至福の時間。今回はコスプレカップルの明日花と美風。落として上げるラストが素晴らしすぎる。白黒も進展して良かった。

2018/09/23

檻の中の象

とうとう白峰さんが黒沢さんに勝って、それぞれが望んだ「特別」と「普通」を手に入れようとする回。一番になっても褒めてほしかった人は振り向かないけど、自分でちゃんと言葉にした白峰さんの好感度がだいぶUP。白黒ペアの関係もだいぶ進みそう

2018/09/24

感想・レビューをもっと見る