読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君は月夜に光り輝く (上) (MFC)

君は月夜に光り輝く (上) (MFC)

君は月夜に光り輝く (上) (MFC)

作家
マツセダイチ
佐野徹夜
loundraw
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-22
ISBN
9784040651552
amazonで購入する Kindle版を購入する

「君は月夜に光り輝く (上) (MFC)」のおすすめレビュー

「私、余命ゼロなんだ」ベストセラー『君月』のコミカライズがついに完結! その裏側にある、もうひとつの友情物語

『君は月夜に光り輝く』(マツセダイチ:著、佐野徹夜:原著、loundraw:イラスト、デザイン)

 月の光を浴びると身体が光り輝く「発光病」に侵された少女まみず。余命ゼロという彼女に代わって“死ぬまでにしたいこと”を実行していく卓也。姉の死によって生きることに実感を持てずにいた卓也は、まみずに惹きつけられる。この感情は恋なのか、それとも――。

 社会現象とも呼べる大反響を巻き起こした佐野徹夜さんのデビュー作『君は月夜に光り輝く』。永野芽郁さん、北村匠海さん主演で実写映画化されたのも記憶に新しく、本誌でもマンガ版が好評連載された。

 コミカライズを手がけたのは、『Re:ゼロから始める異世界生活』シリーズで知られるマツセダイチさんだ。この名を聞いて、佐野徹夜ファンならぴん、とくるかもしれない。というのも〈大学時代にプロデビューした友だちのマツセくん〉として、佐野さんのインタビューなどにマツセさんはたびたび登場するのだ。

 学生時代からの友人同士であり、一方は小説家、一方はマンガ家を目指して切磋琢磨し合い、いつの日か共作したいという夢をふたりは『君月』でみご…

2019/7/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「君は月夜に光り輝く (上) (MFC)」の関連記事

愛するものが死んだ時には…いつかそんな日が来てしまう? /『君は月夜に光り輝く』⑫

「私、余命ゼロなんだ」彼女と約束した日から、止まっていた僕の時間が動き出した――。新時代の純愛ストーリーとして絶大な支持を集め、シリーズ累計60万部を超える佐野徹夜デビュー作の完全コミカライズ。『ダ・ヴィンチ』で人気を博した連載が、2019年7月22日発売の下巻でついに完結。下巻発売記念として、ダ・ヴィンチニュースでためし読みスタート。

続きは本書でお楽しみください。

2019/8/2

全文を読む

彼女のリクエストはメイド喫茶でのバイト。初日はどうなる…? /『君は月夜に光り輝く』⑪

「私、余命ゼロなんだ」彼女と約束した日から、止まっていた僕の時間が動き出した――。新時代の純愛ストーリーとして絶大な支持を集め、シリーズ累計60万部を超える佐野徹夜デビュー作の完全コミカライズ。『ダ・ヴィンチ』で人気を博した連載が、2019年7月22日発売の下巻でついに完結。下巻発売記念として、ダ・ヴィンチニュースでためし読みスタート。

<第12回に続く>

2019/8/1

全文を読む

関連記事をもっと見る

君は月夜に光り輝く (上) (MFC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

porisan

コミック読むのにどれだけ時間かかってんだ~ 小説も映画も良かったけどコミックもまた良いです。続きが早く読みたいです。

2019/04/12

alleine05

原作未読。絵はすっきりしててきれいな絵だなという印象。ストーリーの方は淡々としててよくある難病ものと言ってしまえばそれまでだけど悪くない雰囲気といった感じ。今のところ発行病というオリジナルの病気にしなくても良かったのではという気がするけど、この設定は今後何か大きな意味が出てくるのだろうか。まあ、ガチな実在の病気に設定すると、末期はとてもこんなおだやかなやりとりなんてしてられないだろうしな。

2019/08/31

有希子*

誰しも悩みながら生きていて、その悩みは人によってそれぞれだけど、だれか一人でも寄り添ってくれる人がいるのなら怖くないのかな、と感じました。 また、登場人物の表情一つ一つから、感情が細かく読み取ることができるので、小説とは違う楽しみ方ができました。

2019/09/16

毎日が日曜日

★★★

2019/08/17

ガソポン

物語がストンと落ちてきた感じ

2019/02/23

感想・レビューをもっと見る