読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS)

ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS)

ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS)

作家
川本貴裕
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-07
ISBN
9784040653273
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS)」のおすすめレビュー

姿なき訪問者“ぼぎわん”の正体とは? 人間の暗黒面が徐々に明かされる、ノンストップホラー『ぼぎわんが、来る』

『ぼぎわんが、来る』(川本貴裕/KADOKAWA)

 本当に怖いのは、得体の知れない化け物か? それとも――。

 昨冬、豪華キャストによる映画化が話題となった、小説『ぼぎわんが、来る』(澤村伊智/KADOKAWA)をご存じだろうか。2015年に日本ホラー小説大賞を受賞し、多くの文芸評論家やホラーファンを唸らせた。かくいう私も、小説を読んだときに圧倒的な不気味さと恐怖に慄いた読者のひとりだ。そんな傑作が、同名タイトル『ぼぎわんが、来る』(川本貴裕/KADOKAWA)としてコミカライズされている。

 主人公の田原秀樹は、妻の香奈と生まれたばかりの娘・知沙と穏やかな日々を送っていた。ある日、田原への訪問客に応対した後輩の高梨がおかしな“噛み傷”によって腕を失ってしまった。細い枯れ木のような腕、真っ赤に充血した不自然に大きな目、ぼさぼさの髪……。日に日に容体が悪化する高梨を見て、田原の脳裏にふと亡き祖父が恐れていた化け物“ぼぎわん”の存在がよぎる。25年前の夏の日、田原自身もその化け物と出会っていたのだ。

 心を侵食する不安感や恐怖を払拭するため、田原は家中…

2019/9/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS)」の関連記事

「お守りは残り1つ……だめだ来る!!!」『ぼぎわんが、来る』【連載】第10回

12月7日(金)公開! 映画『来る』原作小説、待望のコミカライズ! 幼少期に亡き祖父が恐れていた化け物“ぼぎわん"と邂逅した田原秀樹。 社会人となり、家庭を持った彼のもとに姿なき訪問者が……。 腕を失う後輩、自宅で起こる怪異、見えない恐怖が迫ったとき、彼がすがりついたのは――。 話題騒然のノンストップ・ホラー!

2018/12/7

全文を読む

「緊急時こそパパは冷静に……」恐怖の『ぼぎわんが、来る』【連載】第9回

12月7日(金)公開! 映画『来る』原作小説、待望のコミカライズ! 幼少期に亡き祖父が恐れていた化け物“ぼぎわん"と邂逅した田原秀樹。 社会人となり、家庭を持った彼のもとに姿なき訪問者が……。 腕を失う後輩、自宅で起こる怪異、見えない恐怖が迫ったとき、彼がすがりついたのは――。 話題騒然のノンストップ・ホラー!

<第10回に続く>

2018/12/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

ぼぎわんが、来る 1 (BRIDGE COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たけのこ

映画 2回目見に行ってまんが買った。絵がかわいいからよけい怖さがある。怖いけどぼぎわんことばの意味がわからなさが恐怖感大きくなる。真琴いいキャラですね。

2018/12/19

感想・レビューをもっと見る