読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しくなってきました~

佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しくなってきました~

佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しくなってきました~

作家
ぶんころり
カントク
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-05-25
ISBN
9784040659343
amazonで購入する Kindle版を購入する

「佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しくなってきました~」のおすすめレビュー

異世界ファンタジーに異能バトルに歪んだ愛、続々と盛られる多彩なジャンルを食べ尽くせ!

 ミックスフライでも幕の内弁当でも、いろいろな料理をいちどに楽しめるメニューは大歓迎。それぞれの料理が少しずつしか入ってないのが寂しいところだが、これでヒレカツも海老フライも焼き魚も卵焼きも、一食分になるくらいのボリュームだったら嬉しさはマックスまで膨れ上がる。

『探偵はもう、死んでいる。』(麦子・二語十・うみぼうず/KADOKAWA)

 小説だってそう。異世界ファンタジーにSF異能力バトルにスパイアクションにスペースオペラをまとめて味わえる小説があったら、どんなに楽しいだろう。二語十による『探偵はもう、死んでいる。』シリーズがまさに、SFありミステリありのジャンルミックスぶりで大人気になっている。そして、ぶんころり作『佐々木とピーちゃん』シリーズは、『たんもし』に負けず様々なジャンルのストーリーが、それぞれ特盛サイズでたっぷりと皿に盛られたり、ぎっしりと重箱に詰められたりしている小説だ。

『佐々木とピーちゃん 異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 ~魔法少女がアップを始めたようです~』(ぶんころり・カントク/KAD…

2021/6/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しくなってきました~ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こも 零細企業営業

なかなかの面白さ。 魔法を使える佐々木達。 超能力、特異体質が使える異能者と超常現象対策室。 マジカルな魔法少女達。 そして、悪魔と天使の代理戦争のデスゲームが複雑に絡み合う。 そんな状況にピーちゃんの世界から水性龍の亜種(巨大怪獣)が太平洋上に現れ日本に接近。 その偵察に派遣させられる佐々木達は色々と巻き込まれて、沈没した船のクルーを救助して、水性龍の亜種に攻撃されて気を失った魔法少女を救出したり奮闘する。 その仕事の帰宅中に佐々木の住んでるアパートが爆弾で吹っ飛んだ。佐々木とピーちゃん家をロスト。

2022/05/29

サケ太

現実世界と異世界、両方の世界でトラブル発生。状況は次々と変わっていき、周囲を取り囲むヒロインたちも続々接近。全く嬉しくないのはなんなんだ。ピーちゃんとて万能ではない。あらゆる状況が佐々木の首をゆるゆると絞めてくるなかで、打開策はあるのか。最後の挿絵は豪華だが、カオスな状況に目を覆ってしまう。かなり強めの引き。

2021/05/25

ささきち

とうとうお隣さんが本格参戦!佐々木は天使と悪魔の戦争にも当然巻き込まれお隣さんを助けたことで悪魔側?に付くことになるんかね~天使側に顔見られたし単独で天使勢の攻撃を跳ね返す攻撃とかしちゃったしまぁ天使とは敵対関係になるか。でも驚いたのが最強バリアを今の佐々木とはいえ突破して殺すとは恐ろしいな、同レベルのアバドンもできるんだろうけど現状一番の強敵は天使と悪魔で決まりかね。そんで異世界では王国がかなーり調子に乗ってきているのだがもうそろそろお灸を据えて欲しいものである。公爵と喧嘩しそうだけどどうなるのかな。

2021/10/06

水無月冬弥

ぶんころり先生(@yokaigundan)の #ラノベ #キミラノ どんどんカオス化してきましたね。しかし、ここにきてお隣さんがついに本格的に絡みだしましたね、個人的にはメインヒロインなので頑張ってほしいです。ヤンデレだけど。

2021/06/07

彼方

天使と悪魔のデスゲームにも巻き込まれ、ついに佐々木にもヤンデレヒロインの毒牙が迫る第3巻。悪魔との遭遇やエルザ様のご覚悟と…場面場面では面白いものの、ちょっと手を広げすぎに感じてきたかもしれない。佐々木は慎重さが魅力でもありますけど、こうも距離感が動かないと…二人静が一番仲良いまであるし、もっとラブコメしてほしい…。魔法少女なりデスゲームなり、浅く広くより1巻1巻狭く深くいってもらいたくて巨大怪獣襲来って期待より不安を覚えてしまう…。ともかくヒロイン集合な波乱なラストがどんな展開を招くのか、期待してます。

2021/05/25

感想・レビューをもっと見る