読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねことじいちゃん(7) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん(7) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん(7) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

作家
ねこまき(ミューズワーク)
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-12
ISBN
9784040659466
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねことじいちゃん(7) (メディアファクトリーのコミックエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

古いアルバムをめくると懐かしい日々が立ち現れる。タマを抱いて海辺を歩くじいちゃんと奥さん、素敵な一瞬だなあ。再びカメラ熱が高じたじいちゃんが島の人達を撮る気持ちは、なんだか愛おしくも切ない。タマさんはなかなか撮らせてくれないけどね。私もタマにペチッとされてみたい♡そして、うちの猫も茶トラの会に入れてほしい!

2021/02/13

みつにゃん

この島の時間の流れが好きだなぁ。あちこちにいる猫や家猫と、こんな風にのんびり暮らしたいなぁ。夢だなぁ。猫あるある満載で、ついクスッと笑ってしまう。どんぐりにじゃれなくなったタマさんに『お前もすっかり大人になったな…』とか。でも佳枝さんとの思い出のくだりはさみしい気持ちになる。タマさんもさみしかったよね…。お気に入りは『タマさんのアルバム』全てがたまらないねぇ♡(≧∀≦)♡

2021/02/23

ちいこ

笑いながらもさみしい感じがして涙ぐんじゃう。

2021/02/13

nobug@with ミミ&モモ(双子姉妹)

島に住む大吉じいちゃんと飼い猫のタマのほのぼのする話。今回も良かった。大吉じいちゃんがタマと自撮りするシーンがあり、真似してミミとモモと自撮りした。でもミミモモ一緒では、うまく撮影できなかった。次巻がすでに楽しみな一冊。

2021/02/23

テフェ

今回も大吉じいさんと愛猫タマとのほのぼのとした暮らしぶりにほっこり。大吉じいさん、ひょんなことから年代物のカメラを見つけ、島の人々の表情を撮影。そして、若き日の大吉さん、故佳枝ばあさんのアルバムも引っ張り出し思い出に耽る。スバル360も懐かしい。カフェ海猫の美智子さん、ネコカフェ始めましたって大吉さんの言うとおりだわ。ワイルドネコカフェとも言うべき?そして、海猫のピンチに島の人が一丸となって食材を持ち寄った温かみ、大吉さんを取り巻く島の人々みんな優しくていいなぁと感激する。

2021/03/17

感想・レビューをもっと見る