読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Mei(冥)Vol.03 (幽BOOKS)

Mei(冥)Vol.03 (幽BOOKS)

Mei(冥)Vol.03 (幽BOOKS)

作家
伊藤三巳華
辻村深月
加門七海
出版社
メディアファクトリー
発売日
2013-10-25
ISBN
9784040660547
amazonで購入する

Mei(冥)Vol.03 (幽BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

p.ntsk

怪談雑誌Mei(冥)。怪談小説、怪談漫画、怪談実話などが掲載されています。特集は「こわい京都をぶらり散歩」。女流怪談作家たちがスピリチュアルスポットを巡るというもの。同じ場所でも“視える人”と“視えない人”では感じるものや見える景色が全く違うようです。私も以前京都に住んでいましたが“視えない私”には日常の景色として溶け込んでいました。ただ場所によっては「ここは明らかに空気が違う」と感じる所もあり、長い歴史をもつ1000年の都・京都にはそういう“視えざるもの”がいると思った方が自然なのかなと思いました。

2016/08/21

★YUKA★

こわ~い京都特集面白かった!今年中に一人旅しようと思ってたんだけど、どうしようかな、怖くなっちゃった( ・ε・)辻村深月さんの『手紙の主』怖すぎっ!ここで話題にしてしまったら、もしかして…。

2014/06/28

くみっふぃー

視える人と視えない人の京都散歩、とても興味深かった。その他にも怖い話が満載。私は視える人ではないが、感じる人なので(笑)、「さもありなん」という感想。夏の夜に涼しい気分が味わえます。が、夜中に読むのは勇気がいるかも。

2014/07/21

poke

京都ツアーについては、紹介されていた場所についてはとりあえず行くのはやめようかと・・・。昔々のことに思いをはせるのはいいけど、現在進行形のことは怖い!あと、怖い話を読んでいると横からのぞきこまれるとか・・・、その怖い話を読んでいる最中に言わないで笑

2016/06/08

どあら

私は全く視えない人なので、安心して京都へ旅行に行けます!

2015/01/31

感想・レビューをもっと見る