読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 こあくまメレンゲ (MFコミックス アライブシリーズ)

新装版 こあくまメレンゲ (MFコミックス アライブシリーズ)

新装版 こあくまメレンゲ (MFコミックス アライブシリーズ)

作家
あっと
出版社
メディアファクトリー
発売日
2014-01-23
ISBN
9784040662510
amazonで購入する Kindle版を購入する

新装版 こあくまメレンゲ (MFコミックス アライブシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

highig

( ^ω^)『のんのんびより』の、あっと先生の初期作品。所々にクスッとする箇所もあったけど、やっぱり内容は薄い。因みに一番クスッとしたのは「コンドルがパンツに食いコンドル」なる意味不明なダジャレ(笑)のんのんにも登場している宮内ひかげもメインキャラの一人として登場しているし、のんのんファンの人は作中から後の『のんのんびより』への影響や関連性を探ってみるのもありかも。絵は最初の4コマの頃は稚拙だが、読み進めていく行くうちに、ハッキリとした進歩を見て取れる。まあ作品単体としては残念だけどお薦めはできないかな。

2018/05/18

王蠱

「のんのん」アニメ化が予想以上のヒットのおかげか、めでたく新装版&後書き追加で再登場。ちょっぴりファンタジックでほんわりとした女の子たちの毎日。コメディだけ見ても十分に楽しめるのだけれど終盤に少し入ってくる重さ、そしてそれをしっかり超えた後に戻ってくる日常の空気感が本当に好き。ダメっ子だけどいつでも一生懸命なルーチェが決めた道は甘いかもしれないけど、そっと背中を押してあげたくなるような素敵で本当に彼女たちに叶えて欲しいと想える未来。爺やはマジ苦労人過ぎる・・・(苦笑

2014/01/23

【布教用頂き物】 キャラクターは可愛いけれど……申し訳ない、中身は;;悪口雑言になりかねないので、以下略。

2015/04/07

仲江市松

初期の四コマスタイルはどうにも上手く機能していない、空回りしている印象があります。ところが突然普通のコマ割りというか、『のんのんびより』と同様のスタイルに変わってからは、段々とテンポも小気味良くなっていくことからも、何らかの手応えを感じられたんだろうな、と想像するに難くない作品でした。「試行錯誤」というものが、この一冊には詰まっているのだと思います。ここからあの傑作『のんのんびより』が生まれたことに感慨すら覚えます。

2014/03/09

645

『のんのんびより』の原点となった読み切り「とことこ」も収録された新装版『こあくまメレンゲ』一冊で良く纏った面白い作品だったと思います。四コマからコマ割りの変化や、後半の駆け足な展開は作者の試行錯誤が垣間見えますね、失速する事も無く彼女達の日常をもう少し見続たいと思う所で終わったのが良い。キャラの可愛さやのほほんとした雰囲気はこの頃から健在、現在連載中の『のんのんびより』に通じる場面も多くて嬉しい。ひかげが居たので読み進め易かった印象。今度、ひっそりと出張出演してるらしいピコと爺やを探してみよう(笑)

2014/01/25

感想・レビューをもっと見る