読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

消えてなくなっても (幽ブックス)

消えてなくなっても (幽ブックス)

消えてなくなっても (幽ブックス)

作家
椰月美智子
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-03-07
ISBN
9784040663517
amazonで購入する

消えてなくなっても (幽ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優愛

あおのとつきのが手を繋いでいたのはそういうことだったんだと表紙を見て納得。そう、そこにあったのは記憶の共有。「夏ってさあ、隠し事ができないような気がするのよね」あけっぴろげで全部の色が濃くて。わかる?この感じ――月の満ち欠け、空の青に季節の移ろい。登場人物皆が感性豊かで想いの一つ一つが美しい。こんな最期を迎えるなんてきっと二人も想像なんてしていなかった。最も悲しい結末を二人手を繋いで迎える姿は夏の中だからか泣きたくなるほど鮮やかで。時間切れ――思いもよらぬ再会を果たした今消えていく。そして夏が、終わる。

2015/03/26

takaC

この終わり方は(予感はしつつも)驚いたけど好きではない。

2016/04/03

おしゃべりメガネ

う~ん、椰月さんらしいといえばらしいのですが、帯に書いてあるように『感動の泣ける小説』ではありましたが、残念ながら決して『ナンバー1』ではなかったかなと。頁数も少なめなので、内容的にはこの辺でまとめざるを得ない展開に少し拍子抜けしました。読み進めるうちになんとなく「アレっ?こんな感じの作品、他にも読んだコトあるような気が・・・」と錯覚してしまうくらい中盤あたりから、先が読めてしまいました。椰月さんなので、読みやすいのですが他作品のような引き込まれ感は少なめかなと。まぁ、ファンタジーだからかもしれませんね。

2014/11/24

chimako

椰月さんの作品にしては一ひねりがなかったというか、普通に終わったなぁというのが第一印象。若い男女が恋愛感情を持たずに同じ屋根の下で暮らせたのはなるほどそんな事情があったんだなと一人納得。一番のお気に入りは河童のキヨシ。賢い。「会えなくなるから友達じゃなくなるのか。そんな友達ならはじめからいらない」「心の通ったら友達にはまたいつか会えることになってるんだ」キヨシと友達になったあおのはかなりの幸せ者だ。もうとっくに人生の折り返しを過ぎたひねた読者には「あれ?」と感じさせた物語の納め方。少し物足りなかったかな?

2014/05/15

@com

面白かった。最後も予想外でびっくり!でも泣ける小説№1というのはどうかなと思った。

2015/05/28

感想・レビューをもっと見る