読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短歌ください そのニ (ダ・ヴィンチブックス)

短歌ください そのニ (ダ・ヴィンチブックス)

短歌ください そのニ (ダ・ヴィンチブックス)

作家
穂村弘
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-03-20
ISBN
9784040663685
amazonで購入する Kindle版を購入する

短歌ください そのニ (ダ・ヴィンチブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おいしゃん

安定の面白さ。各テーマ8ページずつなので、毎日寝る前に少しずつ読み進めた。どれも面白い句ばかりなので、やはり声に出して読める家で読むのがオススメ。

2015/02/19

風眠

短歌とか、俳句とか、限定された文字数だからこそ、そこに凝縮された想いが、グッと、ズキッと、刺さる。みそひともじという限定された文字が、ひらりと飛んで、その先へと私たちを導く。小さいけれど、ひろく大きな世界へと。だからこそ誰の心にも響き、誰の心にも思い当たるふしがあって、それこそが短歌の魅力と思う。ダ・ヴィンチに連載された投稿コーナーを、一冊にまとめた本書。穂村さんの解説で、また違う側面からそれぞれの短歌の魅力を紹介してくれているのもいい。あぁ私も短歌詠んでみたい、そんなウズウズが刺激される一冊。

2014/07/06

Y

短歌に以前から興味があったので読んでみたが、短歌の面白さに大袈裟でも何でもなく驚嘆した。五七五七七という形で歌を詠むということは「制限」があって難しそうだと思っていたけど、制限があるからこそ言葉のリズムが大きな意味を持つし、通常の文章では切り込めないような角度で発想や気持ちを表現する自由があることがわかった。言葉の戯れの究極形が短歌なのだろう。いつかは自分でも短歌を詠んでみたいという気持ちがあるが、読めば読むほど自分には難しいなぁと思ってしまった。

2014/05/05

太田青磁

ジャージ着た七三分けの先生に服装検査される屈辱・子供らが田舎で育つありがたさ雪の中まぶしいランドセル・一度でも全部に触っていたいから下から上まで鍵盤を押す・急停止ブレーキ音が鳴り終わり車掌がしゃべるまでの沈黙・ドアの隙間に裏の世界が見えました線対称な隣の間取り・遊園地来たけど上手く遊べない私どこかが壊れてますか・Wi-Fiをうぃーふぃうぃーふぃと呼びあって幸せそうな顔の伯母たち・一人旅装うブログ打つ君の携帯カメラに映らぬわたし・「ドトールなう」つぶやく君のドトールはここじゃないのかいまじゃないのか

2014/10/26

江藤はるは

ほんとにみんなこんなうたを?

2020/02/02

感想・レビューをもっと見る