読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ターシャの農場の12カ月

ターシャの農場の12カ月

ターシャの農場の12カ月

作家
ターシャ・テューダー
内藤里永子
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-03-20
ISBN
9784040663968
amazonで購入する

ターシャの農場の12カ月 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆのん

【絵本】この絵本を読むと1年のどの月も素晴らしいと感じる。明るく、美しく、優しさに溢れた絵本だが、この絵本の出版の1年後にターシャの夫は農場を去っている。家庭生活では悲しい出来事があってもターシャの絵本は喜びと希望に満ち溢れている。数多くあるターシャの絵本の中でも1番のお気に入り。306

2019/10/09

tokotoko

私、ターシャさん=ガーデニング専門家だと思ってて!この絵本を描かれたと知って、びっくりしました。すごい才能あふれる方だったんだなぁ。農場の1年が、1カ月が見開きのカラー絵と白黒の鉛筆画の計4ページで描かれてます。とても線が柔らかくて、穏やかな色で、自然と人を優しい眼差しで捉えてあります。あとがきに、「悲しみと痛みの中、生まれた本」って書いてありました。でもね、私、悲しい気持ちで描いたんじゃない気がする。描いてる間は、とても楽しかったんじゃないかな。出来上がったら、すごく嬉しかったんじゃないかな。って思う。

2014/05/01

ポラリス

前書きに『喜びを集めた玉手箱のような絵本』とありますがまさにその通り。絵筆で描かれた鮮やかな色彩により、自然豊かな大地に根を張り生きる家族の1年が伝わってきます。これは何度でも読み返したい。ぬくもりと命で溢れた素晴らしい1冊でした。

2017/07/20

ochatomo

「かずのほん」と同じサイズで、カラーとモノクロの繰り返し絵 愛する農場生活の場面を趣豊かに描く 『1月は ゆかいなゆきあそび。タフィーづくり、だんろでやくりんご。』 モノクロの絵も丁寧で美しい 元本1957年 2014刊

2019/10/24

読み人知らず

一年の行事を楽しく、きれいな絵で表現されています。

2015/08/15

感想・レビューをもっと見る