読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

椎名町先輩の安全日4 (MF文庫J)

椎名町先輩の安全日4 (MF文庫J)

椎名町先輩の安全日4 (MF文庫J)

作家
サイトウケンジ
CARNELIAN
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-07-24
ISBN
9784040669199
amazonで購入する Kindle版を購入する

椎名町先輩の安全日4 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

水無月冬弥

サイトウケンジ先生(@saitoro193)の #ラノベ 超ハッピーエンドでした。こういう展開に持っていくセンスが凄いですね。バトルも智略ありで面白かったので、大満足です。……でも、最後のあの言葉は信じてはダメだ!(実体験からの助言)

2014/07/27

るか

最初から最後までサイトウケンジさんらしい展開でしょうか。相変わらずラストのバトルが肩透かしでした。ハーレムエンドもいつも通りでしたがここまでつっこんだ終わり方をするのはちょっと意外でした。いつもと違うことで言ったら妹があまり出番が無かったところでしょうか。個人的にはなんですかもうが炸裂したので満足です(笑)先輩をはじめ皆魅力的で最後までハーレム継続させてしっかり落とせるところは毎回のことながら流石としか言いようがないです。

2014/08/01

藤崎

安全日には危険がいっぱいなハーレム伝承、4巻にして完結。今回は先輩奪還のためまるごと最終決戦で、バトル展開てんこ盛りの中で、皆それぞれに視点ごとスポットライトを当ててきっちり活躍を見せててヒロイン的な意味でも輝いてる展開。後、最終的にハーレムエンドなのは予想の範疇でしたが、全4巻という短い巻数だったこともあり、「どうせ最後はなあなあで終わるんだろうな」なんて侮ってたら、予想外に進んで個人的に贔屓のヒロインが大勝利な展開で嬉しい誤算。そんな感じで、全体的には短いながらも非常に上手くまとまっていてよかったです

2014/07/28

アツシ@疾風(仮)

完結。最終巻なだけあってバトル中心なのだが、肝心のバトル描写が微妙という。これは結構致命的なんじゃないかなぁ。まあ識の告白等俺得な展開もあり、悪くはなかったんですけどね。ラストは予想以上に関係が進んで良いと思った。本当の最終巻としてその後の関係を描いた短編集を出してくれても良かったかも。

2014/08/06

Makos

最後のバトルのなんじゃそりゃ感が勿体なかった。次々と新たな異能を使うカグヤに対して何事もなく対応する主人公陣営。さすがに無理があるでしょう、と。ストーリーとしての落としどころも良く、魅力的な登場人物も各々キャラが立っていただけにそこが非常に残念。サイトウケンジ氏のラノベ作品は101番目の百物語、そして今作と楽しく読ませてもらったので、次作も楽しみに待ちたいと思う。

2014/08/03

感想・レビューをもっと見る