読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語 (幽ブックス)

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語 (幽ブックス)

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語 (幽ブックス)

作家
中山市朗
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-07-18
ISBN
9784040669328
amazonで購入する

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語 (幽ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ラルル

うーん、良い所もあればイマイチな所も有。怪談自体は軽いものが多いです。表題になっている「赤い顔」も99話の中に埋もれるような話。何故これを表題に選んだのか謎です。あと関西の話が多いのかセリフが関西弁ばかりなのも読みづらく話に入っていけず怖さ半減。読み物の方言って上手に使わないとただ読みづらいだけのものになるんだなと実感しました。人形にまつわる話はどれもゾゾッとする話。非常に良かったです。九十九話目はラストだからと言って怖い話を置いているわけでもないので期待すると肩透かしをくらいます

2015/10/23

瑪瑙(サードニックス)

前回読んだ『怪談狩り』よりもゾッとする話が多かった。リアルに感じられるものが多かったせいかな?それにしても霊たちが逃げてしまう中山さんて凄すぎる。護られていらっしゃるのかしらね?

2015/05/29

澤水月

先日久々の単著を出されたのに急いで次を出さなくてもよかったのではないかしら? 同じひと続きの現象を小分けにして無理に百話にする(新耳だとまだタイトルで同じ現象を分けてると解ったけれど本書では解らない体になっている)など…前著の千日前が圧巻だっただけに。とはいえラストはやはり畳み掛け読ませる。鉄扉の門、崩れる顔、大阿闍梨など凄くよかった

2014/07/18

ブルームーン

なにしろ100話なので、1話が短い。短すぎて意味不明なものから、短いのにゾゾっとくるものまでバラエティ豊か。

2016/12/25

くさてる

読み終わって、感想を書こうと目次を見直したら、なんだかそれだけで読んでいる間のざわざわ感が立ち戻ってきた感じで「駄目」と思いました。生々しさは少ないけれど、かえってそれが実話っぽい。正統派の実話怪談だと思います。「新耳袋」が好きだったひとなら絶対に読んで損無し。

2014/10/17

感想・レビューをもっと見る