読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

わたしの器 あなたの器

わたしの器 あなたの器

わたしの器 あなたの器

作家
高橋みどり
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2015-01-23
ISBN
9784040673387
amazonで購入する

わたしの器 あなたの器 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ann

長年、高橋みどりさんの器を見てきているので、知っている器が紹介されていると嬉しくなる。ご主人も恵比寿の「タミゼ」のオーナーだから、ヨーロッパの骨董選びも素敵。相変わらず料理も美味しそう。特にベルギーの古い片口、名もない北欧のボウルが素晴らしく美しい。

2016/06/15

野のこ

ほぼ器に料理が盛り付けられて、器の魅力も引き出してるし何よりも美味しそうでした。飾り気のない器たちに素朴だけど温かさが詰まったごはんにほっこり。ロイヤルコペンハーゲンの器にお浸しもしっくり合ってて素敵でした。料理に合わせる器を考えるって大切。でも気難しく考えずに楽しみながら選びたいな。私も片口が好きで、九谷焼の大ぶり楕円の赤椿模様の片口が欲しくて検討中です。でもさてさてこれに何を盛り付ける?

2017/04/05

izw

平生使いの器に盛った気取らない料理が並ぶ。ぜひ見習って、器に合わせて料理を考える、料理に合わせて器を選ぶ、ということをやりたいとは思うが、こんな沢山の器をどこに仕舞うかを考えると頭を抱えてしまう。中に紹介されている「いつもの料理の作り方」は手軽でできそうなものが多いので、いくつか作ってみたい。

2015/09/06

アズル

図書館本。高橋みどりさんの本は初めて。どのうつわも料理が盛り付けてあってこその美しさをたたえていました。気を衒っていない、この感じ、まさに好み&理想。自分の審美眼を鍛える良い一冊でした。

2018/10/30

きりぱい

『うちの器』に比べると渋いセレクトになっている。フランスの大鉢や浅鉢に野菜や炒めた肉、桜の木の浅鉢に焼き豚をごろっと盛ってあるのとか美味しそうだなあ。二人になったから、大皿に盛ってあとは各々の小皿に取るスタイルが増えたみたいだ。またその料理も高山なおみだったり、長尾智子だったりと、誰から教わったとか誰の本からとか書いてあるのも楽しい。簡単なレシピがちょっとあるのもいい。

2015/05/11

感想・レビューをもっと見る