読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青を抱く (フルール文庫 ブルーライン)

青を抱く (フルール文庫 ブルーライン)

青を抱く (フルール文庫 ブルーライン)

作家
一穂ミチ
藤たまき
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2015-06-15
ISBN
9784040676807
amazonで購入する Kindle版を購入する

青を抱く (フルール文庫 ブルーライン) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

初読。2015年652冊め。Web連載をずっと追いかけ、文庫化を心待ちにしていた。宗清と同じく、何だかちょっと影のある泉が気になって仕方なくて、靖野のことを知るにつれても切なくて。家族というものの書き方とか、海辺の町の雰囲気が本当に好き。文庫書き下ろしでの兄弟会談もよかった。

2015/06/15

扉のこちら側

2016年527冊め。再読。夏の話ではないのだけれど、季節的に読みたくなる。

2016/07/08

みやこ

友へ、息子へ、兄へ、恋人へ。いろいろな「ありがとう」の詰まった優しい話。みんな自分ではない誰かのことを考えて、一生懸命生きている。そして、それぞれが秘密を抱えていて、吐き出せずに苦しんでいる。色々な想いがジワジワと染みてきて、胸が締め付けられました。家族が支えあっていて、家族としてきちんと纏まっていて、安堵します。そして、泉と宗清との必然的な出逢いと運命的な恋。恋愛っていいなぁ、と、素直に想える二人の関係性が好き。細かい描写を曖昧なままにせずに、しっかり回収しているところが一穂さんだなぁ、と思いました。→

2015/07/19

扉のこちら側

再読。2015年1235冊め。海辺の、切ない雰囲気に浸りたくなり。染み入る。

2015/12/23

ザ・フライ

まさかのエピソードだった。一穂さんの受けは面倒くさいキャラが多いけど可愛くて好き。それに、擬音が独特。だしゃだしゃとか、じゃくじゃくとか「あぁ、確かにそんな音かも」と楽しくなる。藤たまきさんのイラストも素敵。

2015/06/23

感想・レビューをもっと見る